トルコの豆知識・お役立ち情報トルコ料理・グルメ旅

意外?!トルコは果物王国!フレッシュはもちろんドライフルーツもおすすめ

更新日:2023.04.05

投稿日:2022.06.21

Views: 3284

イチジクなどの果物

トルコは日照時間が長く、太陽の光に恵まれた国です。トルコには生産量世界1位の果物もあり、濃厚なおいしさを楽しめるのが特徴です。フレッシュなままはもちろん、スイーツやドライフルーツ、お酒のおつまみとして幅広く好まれています。そんなトルコを代表するフルーツにはどんな種類があるのでしょうか?この記事では、トルコ名産の美味しいフルーツや食べ方などを詳しく紹介します。

トルコは果物王国!

トルコ 果物 いちじく ブドウ

トルコは野菜や果物などの農作物が豊富な地域で、いわば果物王国。トルコの広大な土地には年間を通して暖かい気候のエーゲ海地方や地中海地方などがあります。そのため、冬でも比較的温暖なので果物や野菜を育てるにはとっておきの環境なのです。また、太陽の光をサンサンと浴びたトルコのフルーツは味が濃く美味しいため評判がよく、世界の国々に輸出されています。

トルコの気候を解説!季節別の服装や観光地のベストシーズンも紹介!

イスタンブール
  • 人気ランキング【第1位】
  • 特別全額キャンセルサポートで安心
  • 4名から19名限定・バスは1人2席
  • ビジネスクラスも格安プランでご用意
トルコツアーキャンペーン!
燃油サーチャージ込み!全観光・全食事付
旅行代金 339,800円~
羽田発・イスタンブール海峡クルーズと世界遺産歴訪トルコ9日間
直行便トルコ航空指定!
 
  
 
10th year

搾りたてのフルーツジュースも美味しい!

フルーツジュース イスタンブール トルコ

トルコの街角ではジューススタンドをよく見かけます。ジューススタンドの前には、オレンジやリンゴ、そしてザクロなど、種類豊富で色とりどりのフルーツがディスプレイされているためとても鮮やかです。トルコで気軽に新鮮なフルーツを味わうならジューススタンドもおすすめです。

ジューススタンドの魅力は何といっても、注文してから目の前でフルーツを搾ってジュースにしてくれることです。専用の機械でフルーツをぎゅっと搾って、1分程度で搾りたてのフルーツジュースの完成。搾っている様子も日本ではなかなか見られない光景なので見ているだけでも楽しくなるでしょう。

ドライフルーツも有名!

イスタンブール エジプシャンバザール

トルコの食卓には野菜やフルーツが数多く並びます。フレッシュなままだけでなく、欠かさずドライフルーツも常備されているのです。日本でも”美容や健康に良い”と注目されているドライフルーツですが、トルコの人々はドライフルーツを朝食やおやつ、ワインのおつまみとして食べたり、来客の際にチャイと一緒に出したりします。いわば日本のお茶菓子のような存在であり、トルコの人々にとってなくてはならないものです。

トルコ紅茶「チャイ」のおいしい飲み方や淹れ方から購入方法まで紹介!

生産量が世界1位のトルコフルーツたち

ヨーロッパの畑ともいわれるトルコには、実は生産量が世界1位を誇るフルーツがいくつもあります。トルコの広い大地は変化に富んだ気候を持っているため、さまざまな種類のフルーツが作られています。地域ごとで名産フルーツがあるのもトルコの魅力です。トルコが誇る世界一のフルーツについて紹介します。

イチジク(Incir)

イチジクの実

トルコを代表するフルーツとして生産量世界1位を誇っているのが”イチジク”です。トルコにおけるイチジクの生産量は年間約30万トンとなっています。イチジクは栄養価が高く健康にいいフルーツとされており、不老長寿のためのフルーツともいわれています。イチジクはトルコで生まれ、その後パキスタン・シリア、そして中国やインドへ広がっていきました。

イチジクの主な産地はトルコ南西部のエーゲ海地方、イズミール市近郊です。この地域の家の庭や街路樹ではイチジクの木をよく見かけます。イチジクの実がなると新鮮なうちに食べようと子どもから大人までが木に登ってイチジクをもぎ取って食べるという微笑ましい光景も見られます。

イズミル(イズミール)はエーゲ海の真珠!観光スポットやグルメなど徹底解説!

トルコのイチジクは実が大きいのが特徴です。果肉が充実しているためイチジク独特の粒粒食感を楽しめるのが魅力。トルコではドライイチジクとしてもよく食べられています。ドライイチジクは赤ワインと一緒に食べるのもおすすめです。日本でもトルコ産のドライいちじくはスーパーなどにも売られているため、気軽に試せるでしょう。

不老長寿の果物「いちじく」の効能や美味しい食べ方、トルコとの意外な関係を紹介

アンズ(kayısı)

アンズ

トルコが生産量世界1位を誇っているフルーツには、アンズ(アプリコット)もあります。トルコのアンズの主な産地はタウロス山脈の東側に位置するマラティヤ県(Malatya)になりますが、アンズは温暖で乾燥した土地を好むため、中央および東アナトリアを中心にトルコ全域で栽培されています。

アナトリアが小アジアと呼ばれる理由とは?歴史・文明・遺跡を紹介

アンズも栄養価が高く、ビタミンA、ベータカロテン、カリウム、鉄分を豊富に含み、食物繊維も多いので美容にも最適な健康フルーツです。ドライフルーツとしてもよく食べられていますが、アンズのドライフルーツにはオレンジ色のものと茶色のものがあります。オレンジ色のものは、酸化防止として二酸化硫黄が使われているもので、少し酸味があって甘酸っぱい味わいです。茶色のものは、そのまま天日干ししたもので無添加なのでアンズそのものの甘味を楽しめます。

さくらんぼ(Kiraz)

さくらんぼ

さくらんぼもトルコが生産量1位を誇るフルーツです。生産量だけでなく消費量も世界トップクラスとなっています。意外なことに実はさくらんぼの発祥地はトルコです。発祥地はトルコ東部の黒海沿岸にある”ギレスン(Giresun)”という町で、穏やかな気候に恵まれたとても美しい町です。

このギレスン周辺で採れた、さくらんぼが紀元前1世紀頃にヨーロッパで紹介されました。日本のさくらんぼの名産地は山形県ですが、さくらんぼの中の銘品”佐藤錦”もトルコのギレスンのさくらんぼがルーツです。さくらんぼをきっかけに、ギレスン市と山形県寒河江市は姉妹都市となっています。

トルコのさくらんぼは日本であまり見かけませんが、ヨーロッパでは美味しいさくらんぼとしてよく知られています。トルコを訪れたら、さくらんぼのルーツでもあるトルコのさくらんぼも食べてみてください。

サクランボの旬や食べ方、品種を徹底解説!発祥地トルコと山形の友好関係も

まだまだある!トルコ名産のフルーツ

トルコ名産のフルーツは他にもあります。生産量は世界一でなくとも味わいたいトルコを代表するフルーツについて紹介します。

ザクロ(Nar)

ザクロの実

ザクロは中東からインド、地中海地域において古来数千年に渡って栽培されてきました。トルコはザクロ生産量世界2位を誇っています。トルコではザクロは食品としてだけでなく、化粧品としても親しまれているのです。ちなみに、トルコ語でザクロジュースは”ナル・スユ(nar suyu)”といいます。

トルコのザクロの主な産地は、地中海地方で61%、エーゲ海地方で23%となっており、最も生産されている地域はトルコ屈指のリゾート地があるアンタルヤ県(Antalya)です。

アンタルヤはトルコの地中海随一のリゾート地!観光の見どころを解説

ザクロを使用した代表的なものとしてザクロソースがあります。ザクロソースとは、ザクロ果汁を搾って煮詰めたソースでザクロ100%の濃縮ソースです。トルコのザクロは種が小さいものは酸っぱいためソース用として、種が大きいものは甘いので青果用として分けられています。

ザクロソースの用途はさまざまです。アイスやヨーグルトのトッピングはもちろん、オリーブオイルと合わせてサラダのドレッシングに、調味料やバルサミコ酢の代わりにしたりソーダやお湯などで割ってザクロドリンクにしたりなど広く親しまれています。

また、ザクロにはビタミンB1・B2・Cのほかにアミノ酸やクエン酸、抗酸化作用のあるポリフェノール、むくみや血圧上昇を抑えるカリウムなど、美容や健康にうれしい成分が多く含まれているのも魅力です。ザクロソースはトルコのスーパーで気軽に購入できます。

ザクロを食べてキレイになろう!アンチエイジング効果も期待される注目の果実

イスタンブール
  • 人気ランキング【第1位】
  • 特別全額キャンセルサポートで安心
  • 4名から19名限定・バスは1人2席
  • ビジネスクラスも格安プランでご用意
トルコツアーキャンペーン!
燃油サーチャージ込み!全観光・全食事付
旅行代金 339,800円~
羽田発・イスタンブール海峡クルーズと世界遺産歴訪トルコ9日間
直行便トルコ航空指定!
 
  
 
10th year

ぶどう(Üzüm)

ぶどう

ぶどうの歴史はとても古く、紀元前5000年にまで遡るといわれています。原産地は小アジア(現トルコ)を中心にコーカス地方にまで広がって栽培され、昔からエネルギー源としても好まれてきました。トルコでも日本と同じようにぶどうをそのまま食べるほかに、ワインやぶどうジュース、ワインビネガー、干しぶどうなどにして食べます。

また、トルコではスーパーフードともいわれている「ペクメズ(Pekmez)=果汁を煮詰めてペースト状にしたもの」もとても好まれ、パンに塗ったり、サラダやヨーグルトにかけたり、砂糖の代わりとして料理に使うなどさまざまな用途で親しまれています。日本ではあまり見かけない珍しいものなのでトルコ旅行のお土産としてもおすすめです。

世界トップクラスの味わい!トルコワインの歴史とおすすめ銘柄

イスタンブールでドライフルーツを買うならやっぱりバザール!

生のフルーツは持ち帰りが難しいですが、トルコではドライフルーツも多く作られているため、日持ちするドライフルーツであればトルコ土産としておすすめです。トルコを旅行で訪れたら、やっぱりバザールでのショッピングは欠かせません。ドライフルーツもバザールで購入でき、量り売りで少量(100g程度)から買えます。欲しい分だけ買えるのも魅力です。ここでは、ドライフルーツが買えるイスタンブールの2大バザールを紹介します。

グランドバザール

グランドバザール イスタンブール

イスタンブールの観光名所としても欠かせない”グランドバザール”は、4000軒もの店がひしめき合う世界一の超巨大バザールです。グランドバザールには金製品や宝石をはじめ、絨毯、陶器、タイル、絹製品といった民芸品など、さまざまなトルコ土産が揃っています。もちろん、トルコのグルメ土産の品ぞろいも豊富なのでドライフルーツを量り売りで購入できます。

グランドバザールはとにかく大きく、中は迷路のように通路が入り組んでいるので迷ってしまわないように注意が必要です。また、じっくりとショッピングが楽しめるよう、時間に余裕を持って訪れましょう。

【グランドバザール|観光情報】

名称 グランドバザール(Kapalı Çarşı)
営業時間 8:00~19:00
定休日 日曜日、砂糖祭、犠牲祭、10月29日共和国記念日、元旦
※その年により変更になる可能性多々あり。前もって必ずご確認ください。
URL https://www.kapalicarsi.com.tr/

グランド・バザール徹底解説!トルコ観光で絶対訪れたい巨大市場の魅力

エジプシャンバザール

エジプシャンバザール スパイス トルコ

トルコの台所とも呼ばれる”エジプシャンバザール”では多くの種類の食品が売られています。エジプシャンバザールは別名“スパイスバザール”とも呼ばれており、スパイスの香りとともに店頭にはこんもりと積まれた色とりどりのスパイスが並べられているのが特徴です。

エジプシャンバザールではドライフルーツも種類豊富に売られています。また、ナッツ類やトルコの伝統菓子などさまざまな食品類に加え、伝統工芸品や貴金属品も豊富です。エジプシャンバザールは地元民受けの商品がメインですが、トルコ名物の食品土産も集合しているバザールなのでぜひ足を運んでみてください。

【エジプシャンバザール|観光情報】

名称 エジプシャンバザール(Mısır Çarşısı)
営業時間 08:30~18:30(店ごとに異なる)
定休日 なし(店ごとに異なる)

エジプシャンバザールでおすすめのお土産は?買い物する際の注意点も解説

トルコの果物は美味しい!ドライフルーツはお土産にも最適

トルコ 果物 さくらんぼ あんず

味が濃く美味しいと評判のトルコの果物。トルコ旅行の際は、現地でフレッシュな果物を楽しんでみましょう。お土産には長持ちする上に栄養たっぷりのドライフルーツがおすすめです。ドライフルーツの種類は多く、バザールで手軽に購入できます。太陽の光に恵まれたトルコのドライフルーツをお土産にするとよろこばれること間違いなしですよ。

イスタンブール
  • 人気ランキング【第1位】
  • 特別全額キャンセルサポートで安心
  • 4名から19名限定・バスは1人2席
  • ビジネスクラスも格安プランでご用意
トルコツアーキャンペーン!
燃油サーチャージ込み!全観光・全食事付
旅行代金 339,800円~
羽田発・イスタンブール海峡クルーズと世界遺産歴訪トルコ9日間
直行便トルコ航空指定!
 
  
 
10th year
  • SHARE
  • ico_facebook
  • ico_twitter