トルコおすすめ観光案内 アンタルヤ

カシュ・カルカン・デムレ(ミュラ)の魅力!リゾートと遺跡を同時に楽しもう

更新日:2023.04.05

投稿日:2022.11.11

Views: 1089

アンタルヤ トルコ

トルコ屈指のリゾート地、アンタルヤ近郊にある「カシュ(Kaş)」や「カルカン(Kalkan)」、「デムレ(Demre)」という町を聞いたことありますか?いずれもとても小さな町なので知らない人も多いと思います。

この3つの町はトルコ南西部のアンタルヤ県にありますが、アンタルヤ県とムーラ県を含むトルコ南西部の地域はトルコ屈指のリゾート地で、「トルコのリビエラ」とも称されています。そして、トルコのリビエラは一般的に「ターコイズコースト」としても知られています。

トルコのリビエラ(ターコイズコースト)には、大小さまざまな町があり、どこの町もそれぞれの魅力を持ち合わせています。アンタルヤ県の最大の魅力と言ったら、遺跡巡りをしながらリゾートでもゆっくり過ごせることで、3つの町はそれを兼ね備えています。

ここでは、ガイドブックにあまり載っていない、「カシュ」、「カルカン」、「デムレ(ミュラ)」の魅力をそれぞれ紹介していきます。

カシュ(Kaş)

トルコ カシュ アンタルヤ

「カシュ(Kaş)」は地中海沿いにある小さな町で、かつての古代では「アンティフェロス(Antiphellos)」と呼ばれていました。アンティフェロスとはギリシャ語で「対岸にある」という意味があります。

カシュには、現在もその面影を伝える遺跡などが残っており、その中でも特に素晴らしいのが、町の中心から西に位置する「アンティフェロスの古代劇場(Antik Tiyatro)」です。

26段もの高さがあり、4000人もの収容が可能な劇場は、紀元前1世紀のヘレニズム時代に建設されました。2010年に修復が完了し、観客席の最上段からはエーゲ海とすぐ近くのギリシャの島が見渡せます。

憧れのエーゲ海を堪能したい!おすすめ観光スポット・ホテル・クルーズなど紹介

町の中心から北の場所には、「リキアの墓(Likya Mezarları)」と呼ばれるリキア人の石棺もあります。石棺は紀元前4世紀のものとされ、棺にある模様などに典型的なリキアの装飾スタイルを見ることができます。

遺跡以外にもカシュはリゾート地としても知られており、ダイビング、さまざまなクルージングやパラグライダーが楽しめることから、夏場は小さい町ながらも多くのリゾート客が訪れます。カシュの海の透明度は高いので、トルコ一のダイビングスポットと称されるほどです。

白い壁の建物が立ち並ぶエリアはカラフルで可愛らしく、トルコとギリシャをミックスしたような独特な雰囲気もまた魅力的です。ホテルやレストラン、バーもあるので昼夜楽しめます。

アンタルヤ カシュ トルコ

カシュの近郊にはミュラ遺跡もあることから、古代遺跡も堪能でき、ビーチでのんびり過ごしたり、アクティビティを楽しんだりと、アンタルヤ県の魅力が詰まった、ぜひとも足を延ばしたい場所のひとつです。

メイス島(ギリシャ領)

カシュの目と鼻の先、わずか2,1kmのところにはギリシャの島「メイス島(Meis Adası)」があり、このメイス島には青の洞窟があります。青の洞窟といえば、南イタリアのカプリ島の青の洞窟が有名ですが、近年メイス島の青の洞窟も人気上昇中です。海の状況にもよりますが、メイス島の青の洞窟では中で泳ぐことができます。

ギリシャ本土から行くよりも、カシュから行く方が断然近いので、カシュから日帰りでメイス島を訪れる人が多くいます。ギリシャ料理も楽しめるので、時間があったらカシュと合わせて訪れたい場所のひとつです。

メイス島を訪れる場合、前日までにフェリー会社でチケットを購入する必要があります。パスポートも必要ですのでご注意ください。

イスタンブール
  • 人気ランキング【第1位】
  • 特別全額キャンセルサポートで安心
  • 4名から19名限定・バスは1人2席
  • ビジネスクラスも格安プランでご用意
トルコツアーキャンペーン!
燃油サーチャージ込み!全観光・全食事付
旅行代金 339,800円~
羽田発・イスタンブール海峡クルーズと世界遺産歴訪トルコ9日間
直行便トルコ航空指定!
 
  
 
10th year

カルカン(Kalkan)

トルコ リゾート カルカン

カシュから西へ26kmの場所には、「カルカン(Kalkan)」という小さな町があります。カルカンは日本のガイドブックにほとんど載っていないのであまり知られていませんが、このカルカンもリゾート地として知られ、夏場には多くのリゾート客が訪れる町です。

トルコの美しいビーチに数えられる「パタラビーチ」や「カプタシュビーチ」も近く、車で10分ほどの距離になります。

パタラは遺跡とビーチがセットの唯一無二のリゾート観光地

カルカンは夏の休暇地やリタイヤ後の住処として特にイギリス人に人気があり、カルカンを訪れる観光客の8割はイギリス人と言われているほどです。海の上でウォータースライダーやトランポリンなどがある「カルカンビーチパーク」もあり、大人から子どもまで楽しむことができます。

白壁と赤い屋根で統一されたカルカンの町並みもまた美しいので、近くを訪れる機会があったら是非カルカンの町にも立ち寄ってみてはいかがですか?

デムレ(Demre)/ミュラ(Myra)

デムレ ミュラ遺跡

カシュとオリンポスの中間あたりに「デムレ(Demre)」という小さな町があります。デムレは古代名を「ミュラ(Myra)」といい、リキアの中心都市として栄え、その後リキアがローマの属州となってからもデムレは繁栄し続けていました。

ミュラはデムレ川沿いに発展した町で、最盛期は408~450年頃でした。しかし、デムレ川の沖積土によって徐々に港町としての繁栄を失い、そして9世紀前半にアラブ人の襲撃を受けて、その歴史を閉じました。

「ミュラ遺跡」は現在も発掘中ですが、古代劇場や窟墳墓群が一般公開されているので見学が可能です。

また、デムレ(ミュラ)はサンタクロースの故地としても知られています。実はあまり知られていないのですが、トルコにはサンタクロースのモデルとなった人物がいます。それが、キリスト教で現在も聖人として崇敬されている「聖ニコラウス」です。

サンタクロースの正体と由来!フィンランドが出身地ではない?

聖ニコラウスは西暦270年頃、近郊の町パタラで誕生し、後にミュラで大主教を務めたことから「ミュラのニコラウス」と呼ばれるようになりました。そして、聖ニコラウスは西暦345年にミュラでその生涯を閉じました。

デムレには聖ニコラウス教会もあり、一般公開されています。

聖ニコラウス教会

サンタクロース教会 トルコ

聖ニコラウス教会は聖ニコラウスの死後に、ミュラの人々が聖ニコラウスを記念する聖堂として建てました。そして、この場所に聖ニコラウスを埋葬しました。ミュラの大主教は大きな権力を持っていましたが、聖ニコラウスは地位に奢ることなく、人々にとても愛された大主教だったのです。

後の6世紀頃には、ビザンツ帝国によってビザンチン教会が建設されました。しかし、11世紀後半、ビザンツ帝国領であったミュラがセルジューク朝に征服されますが、その混乱のさなか、南イタリアのバーリから来ていた船乗りたちが、聖ニコラウスの遺体をバーリへ持ち去ってしまいました。遺体はその後もバーリの聖ニコラウス教会に安置されています。

ミュラにわずかに残った、歯型や一部の遺骨は現在、アンタルヤ考古学博物館に収蔵されています。

教会には今でもモザイク画の床や壁面、祭壇が残されており、見学することが可能です。聖ニコラウスが主教を務めていた3世紀以降、ミュラの町は多くのキリスト教徒にとって重要な巡礼の地となりました。

キリスト教の宗派や教えとは?深い歴史や三大行事の意味など詳しく解説

名称 聖ニコラウス教会(Aya Nikola Kikisesi)
住所 Merkez Mahallesi, 07570 Demre (Kale)/Demre/Antalya, トルコ
開館時間 8:30~19:00(4月~9月)
8:30~17:30(10月~3月)
※最終入場は閉館時間の30分前まで
※砂糖祭および犠牲祭初日は13:00より開館
休館日 なし
入場料 125TL
公式サイト https://muze.gov.tr/muze-detay?SectionId=STN01&DistId=STN
イスタンブール
  • 人気ランキング【第1位】
  • 特別全額キャンセルサポートで安心
  • 4名から19名限定・バスは1人2席
  • ビジネスクラスも格安プランでご用意
トルコツアーキャンペーン!
燃油サーチャージ込み!全観光・全食事付
旅行代金 339,800円~
羽田発・イスタンブール海峡クルーズと世界遺産歴訪トルコ9日間
直行便トルコ航空指定!
 
  
 
10th year

ミュラ遺跡

ミュラ トルコ

ミュラは女神アルテミスを信仰していた町でもあり、ミュラにはリキア連邦最大のアルテミス神殿があったとされています。ミュラ遺跡で発掘された部分はまだ一部で、現在公開されている部分は古代円形劇場と、その背後の岩肌に造られた保存状態の良い岩窟墳墓群(ネクロポリス)となっています。

ミュラ遺跡で一番の見どころとなるのが、リキア人のネクロポリスです。リキアの墓地は独特で、垂直に切り立った岩山の断崖に神殿のような建物を造り、そこに石の棺を収めていました。

ミュラの周辺にはネクロポリスが2つあり、それぞれ「太陽のネクロポリス」、「川のネクロポリス」と呼ばれています。ミュラの岩窟墳墓は、「川のネクロポリス」にも数多く残されています。

ネクロポリスとはどんな場所?世界遺産に登録されている有名スポットもご紹介!

断崖絶壁の岩山を利用して造られた岩窟墳墓群の光景はまさに圧巻ですが、それぞれの墓には細かな装飾も施されているので、近くからもみたいところです。

また、もう1つの見どころの円形劇場は2世紀頃に建てられたもので、かつてあったヘレニズム風の円形劇場の上にローマ式の円形劇場が建設されました。1万人もの収容が可能で、この地域では最大規模の劇場となります。保存状態も良いので、見ごたえ十分です。

円形劇場とは?古代ギリシャ・ローマ時代の遺跡が今も息づくトルコ

遺跡を見てまわっていると柱の装飾にも目がいきます。鷲やライオン、メデューサなどのマスク型のレリーフがいくつもあり、そのさまざまな表情を見るのもまた楽しいです。

ミュラ遺跡の発掘作業が開始されたのは2009年とごく最近で、現在も発掘作業は続けられています。この先新しい遺跡が発見される可能性も高い、今後も目が離せない遺跡です。

ミュラ遺跡の規模は大きくないので、1時間ほどで見て回ることができます。

名称 ミュラ遺跡(Myra Antik Kent)
住所 Alakent, Myra Örenyeri, 07570 Demre/Antalya, トルコ
開館時間 9:00~19:00(4月~9月)
8:30~17:30(10月~3月)
※最終入場は閉館時間の30分前まで
※砂糖祭および犠牲祭初日は13:00より開館
休館日 なし
入場料 45TL

カシュ・カルカン・デムレへのアクセス方法は?

ダラマン空港

3つの町の最寄りの空港は「ダラマン(Dalaman)」または「アンタルヤ(Antalya)」になります。距離的には、ダラマンの方が近い場所にあります。

イスタンブールから行く場合、両空港とも国内線を利用して行くことができ、所要時間は約1時間半です。ダラマンまたはアンタルヤからそれぞれの町へは、バスを利用して行くこととなります。

カシュへのアクセス

  • ダラマンから:ダラマン空港からカシュ行きのシャトルバスに乗ります。所要時間は約2時間15分で、料金は100TLになります。
  • アンタルヤから:アンタルヤの街中のオトガル(バスターミナル)からカルカン行きのミニバスに乗り、カシュで下車します。所要時間は約4時間で、料金は30TLになります。

カルカンへのアクセス

  • カシュから:カシュの町のオトガル(バスターミナル)からフェティエ行きのミニバスに乗り、カルカンで下車します。所要時間は約4時間半で、料金は35TLになります。
  • アンタルヤから:アンタルヤの街中のオトガル(バスターミナル)からカルカン行きのミニバスに乗り、終点のカルカンで下車します。所要時間は約4時間半で、料金は35TLになります。

デムレへのアクセス

  • アンタルヤから:アンタルヤの街中のオトガル(バスターミナル)からカルカン行きのミニバスに乗り、デムレで下車します。所要時間は約3時間で、料金は30TLになります。
  • カシュから行く場合:オトガル(バスターミナル)からアンタルヤ行きのミニバスに乗り、デムレで下車します。所要時間は約50分で、料金は11TLになります。なお、デムレからミュラまでは約1.5kmの距離となっています。
イスタンブール
  • 人気ランキング【第1位】
  • 特別全額キャンセルサポートで安心
  • 4名から19名限定・バスは1人2席
  • ビジネスクラスも格安プランでご用意
トルコツアーキャンペーン!
燃油サーチャージ込み!全観光・全食事付
旅行代金 339,800円~
羽田発・イスタンブール海峡クルーズと世界遺産歴訪トルコ9日間
直行便トルコ航空指定!
 
  
 
10th year

アンタルヤの地にあった「リキア」とは?

デムレ ミュラ

アンタルヤ一帯にある遺跡について調べると、必ず「リキア」という言葉が出てきます。そもそもリキアって何?と思われる人もいるかもしれませんので、リキアについて簡単に説明します。

紀元前、アンタルヤ県一帯にはリキア人が住んでおり、この地域は「リキア(リキヤ/リキュア)」地方と呼ばれていました。

リキア地方の都市国家は分かっている範囲で23都市あり、紀元前168年にリキア連邦を結成します。リキアの主要都市には、クサントス、パタラ、ピナラ、オリンポス、ミュラ、トロスなどがありましたが、古代でリキアの地域が統一されることはなく、独立した都市国家が強く結びついた状態として続いていました。

アンタルヤにある遺跡の多くは紀元前7世紀頃から繁栄していたリキア連邦の都市のものとなっています。特にリキアを代表する遺物が、岩山の断崖を削って造られた墓で、リキア人の文化が反映されたリキア人独特の遺物といえます。

アンタルヤはトルコの地中海随一のリゾート地!観光の見どころを解説

  • SHARE
  • ico_facebook
  • ico_twitter