トルコおすすめ観光案内 アンタルヤ

パタラは遺跡とビーチがセットの唯一無二のリゾート観光地

更新日:2023.04.05

投稿日:2022.11.15

Views: 715

アンタルヤ パタラ遺跡 トルコ

パタラ遺跡は地中海沿いのアンタルヤ県にあります。アンタルヤ県には数多くの遺跡がありますが、地中海に面していることからリゾート地としても広く知られています。遺跡巡りをしながらリゾートでもゆっくり過ごせるのがアンタルヤ県の魅力です。

紀元前、アンタルヤ県一帯は「リキア(リキュア)」地方と呼ばれていました。アンタルヤのある遺跡の多くは紀元前7世紀頃から繁栄していたリキア連盟国の小都市で、「パタラ遺跡」もそのひとつとなります。

トルコには本当に数多くの遺跡があるので、パタラ遺跡を知っている人は少ないかもしれません。そこで、ここではそんな隠れた名所、パタラ遺跡について解説していきます。

パタラ(Patara)とは?

パタラ遺跡は地中海沿いにある小さな町「パタラ(Patara)」にあります。パタラのあるアナトリア県一帯はかつて「リキア」と呼ばれており、この地名はアテナイ(現ギリシャ/アテネ)の王パンディオンの息子であるリュコスに由来すると言われています。

古代にはリキアの地域が統一されることはなく、独立した都市国家が強く結びついた状態として続いており、パタラもその中のひとつとしてリキアの重要な港湾都市でもありました。

パタラ遺跡ではそんなリキア時代の名残に触れることもでき、また、遺跡の先には絶景ビーチでも知られる、トルコ最長を誇る砂浜を持った「パタラビーチ」もあります。

イスタンブール
  • 人気ランキング【第1位】
  • 特別全額キャンセルサポートで安心
  • 4名から19名限定・バスは1人2席
  • ビジネスクラスも格安プランでご用意
トルコツアーキャンペーン!
燃油サーチャージ込み!全観光・全食事付
旅行代金 339,800円~
羽田発・イスタンブール海峡クルーズと世界遺産歴訪トルコ9日間
直行便トルコ航空指定!
 
  
 
10th year

パタラ遺跡の見どころ

パタラ遺跡 トルコ

パタラ遺跡は広範囲に広がっていて、一部は未だ砂の下に埋もれている部分もあり、現在も発掘が続けられています。

近郊のクサントスやレトゥーン遺跡と比べると断片的ですが、円形劇場や神殿、神託を得るために神官が中にいたと思われる深い円形の穴などが発掘され、他にも浴場跡やメインストリートなども残っており、リキア特有の岩窟墓も見ることができます。

クサントス遺跡とレトーン遺跡とは?古代リュキアの政治と宗教の中心地

正門とされる3つのアーチ型の門や円形劇場は保存状態の良さがうかがえます。

2007年末に劇場跡ほかいくつかの廃墟から土砂が取り除かれ、倒れていたメインストリートの列柱も立て直されるなどして、部分的に修復は行われました。

劇場はローマの第15代皇帝アントニヌス・ピウスの代(西暦86年~161年)に建てられたもので、直径は約80m、座席は30段あります。

円形劇場とは?古代ギリシャ・ローマ時代の遺跡が今も息づくトルコ

ローマ浴場跡については、碑文によると皇帝ウェスパソアヌスの代(西暦9年~79年)に建てられたものとされています。

市壁の外にはリキア特有の石棺も多数あり、その多くには碑文が刻まれていますが、中は全て空になっています。

リキアは歴史の波にもまれながらも独特の文化を持ち続け、今も岩窟墓室や石棺などに優れた技術が見られます。リキアの地で発掘された出土品はイスタンブール考古学博物館やイギリスの大英博物館で公開されています。

東西文明の歴史が集合!イスタンブール考古学博物館の見どころを紹介

まだ発展途上でほとんど草原という遺跡も多いですが、それだけ未知の部分が多く、今後の調査に期待が持たれています。

名称 パタラ遺跡(Patara Örenyeri)
住所 Gelemiş, 07976 Kaş/Antalya, トルコ
開館時間 8:00~19:00(夏季)
8:30~17:30(冬期)
休館日 なし
入場料 20TL(※2022年3月現在)
公式サイト https://muze.gov.tr/muze-detay?SectionId=PTR01&DistId=PTR

パタラビーチ(Patara Beach)

パタラビーチ トルコ

パタラ遺跡を抜けた所には、約18kmに及ぶ白砂のパタラビーチがあります。このパタラビーチの長さはトルコ最長になります。長いビーチにはシャワーやカフェのあるエリアと手つかずの野生的なエリアがあり、夏になるとトルコ国内のみならず、ヨーロッパ各地からの観光客でとても賑わいます。

また、この辺りはウミガメの産卵地で、砂の流出を防ぐために砂防林や遊歩道が設けられるなど、自然を保護するための努力が続けられています。

自然保護区にもなっている砂丘と古代遺跡がセットになっているパタラビーチは唯一無二のビーチといえます。砂丘から見る夕陽も絶景です。

パタラビーチはトルコの絶景ビーチとして、必ずと言っていいほど名が挙がるビーチです。パタラを訪れたら、パタラ遺跡の先にあるパタラビーチにも是非足を延ばしてみてください。

トルコのおすすめリゾート13選!世界的に人気の観光地を紹介

なお、パタラビーチへ行く場合パタラ遺跡を通過するため、遺跡の入場料(20TL)を支払う必要がありますのでご注意ください。

夏季はパタラの町の入口からパタラビーチ行きのドルムシュ(乗合バス)で行くことができます。

パタラの歴史

パタラ遺跡

パタラは、ギリシャ神話に登場する男神アポロンの息子パルタスが建てた町という言い伝えがあります。古代には、パタラはアポロン神殿とアポロンの神託で知られる町でもありましたが、パタラはドーリア人がクレタ島経由で植民した地で、アポロン信仰もドーリア人によるものだと考えられています。

パタラを含めたこのリキア地域には先史時代からリキア人が住んでおり、リキア地方と呼ばれていました。アナトリアに海の民が進出し、ヒッタイトが滅亡した頃、その一派が逃げ込んだと言われる地がリキア地方でした。

リキアの地は紀元前5世紀のヘロドトス「歴史」の中に登場し、ホメロスの「イーリアス」にも記述がありますが、それ以前の詳細な歴史は分かっていません。

叙事詩『イリアス』のあらすじを分かりやすく解説!古代ギリシャの名作は誰が書いた?

「パタラ」という名はリキア語での呼び名「プッターラ(Pttara)」からきているとされています。町の名前は一時期、パタラから「アルシノエ」に改名されたことがありましたが、一般には古来のパタラの名で呼ばれ続けました。

紀元前545年、ペルシャ軍に占領されてしまったリキアは、後にアレキサンダー大王に解放され、ギリシャ、ローマの色が濃くなっていきます。パタラは、キリスト教最大の伝道者パウロがエフェソスからの帰りに立ち寄った場所でもあり、比較的早くからキリスト教化されていました。

使徒パウロはどんな人で何をした?思想や名言、キリスト教に捧げた生涯を詳しく解説

ビザンツ帝国の時代にもパタラは交易や巡礼の経由地としての重要性を持っていましたが、ビザンツ帝国とテュルク人のセルジューク朝の抗争が本格化するとパタラは見捨てられ、廃墟と化しました。

古くからリキア地域を支配していたのはギリシャ民族で、後にトルコ民族に支配されるようになりますが、その後もギリシャ民族はこの地で生活を続けていました。

そして、20世紀初頭の希土戦争によって、この地は完全なトルコ領となりました。

イスタンブール
  • 人気ランキング【第1位】
  • 特別全額キャンセルサポートで安心
  • 4名から19名限定・バスは1人2席
  • ビジネスクラスも格安プランでご用意
トルコツアーキャンペーン!
燃油サーチャージ込み!全観光・全食事付
旅行代金 339,800円~
羽田発・イスタンブール海峡クルーズと世界遺産歴訪トルコ9日間
直行便トルコ航空指定!
 
  
 
10th year

パタラはキリスト教の聖人「ニコラウス」生誕の地

サンタクロース 聖ニコラウス

実は意外にも、トルコにサンタクロースのモデルとなった人物がいました。それが、キリスト教の聖人ニコラウスという人物です。パタラはその聖ニコラウス生誕の地でもあり、聖ニコラウスは西暦270年頃、パタラで誕生しました。

その後、聖ニコラウスはミュラ(現カレキョイ)で大主教を務めたことから「ミュラのニコラウス」とも呼ばれています。

聖ニコラウスがサンタクロースのモデルとなった背景には、こんな逸話が残されていました。

ある日、貧しさ故に3人の娘を身売りしなければならない親子がいました。その様子を見た聖ニコラウスはその晩、こっそりと親子の家へ金貨の入った袋を3つ投げ入れました。結果、親子は金貨のおかげで身売りすることなく幸せに暮らしたそうです。

この時に投げ入れた金貨は、窓から、または煙突からだったなど諸説ありますが、最終的に現在の“サンタクロースは煙突から入って来て~”のエピソードに結びついたとされています。

サンタクロースの正体と由来!フィンランドが出身地ではない?

トルコは今でこそイスラム教徒の多い国となっていますが、実はキリスト教にも深い所縁を持っている国なのです。

パタラの場所・アクセス方法は?

パタラ トルコ

パタラはトルコ西南部の地中海沿いにあります。パタラまでのアクセスは、近郊の町の「カシュ(Kaş)」と「フェティエ(Fethiye)」~「カルカン(Kalkan)」を結ぶミニバスを利用します。

カシュからパタラまでの所要時間は約45分で料金は18TL、カルカンからは約20分で料金は11TLになります。

ミニバスは、夏場は30分に1本、それ以外の季節は1時間に1本の頻度で運行しています。便や時期によっては直接パタラへは行かず、パタラ入口(Patara Yolu)という分岐点で降ろされることもありますが、そこからパタラの町の中心部へはセルヴィス(無料シャトルバス)が運行されています。

イスタンブール
  • 人気ランキング【第1位】
  • 特別全額キャンセルサポートで安心
  • 4名から19名限定・バスは1人2席
  • ビジネスクラスも格安プランでご用意
トルコツアーキャンペーン!
燃油サーチャージ込み!全観光・全食事付
旅行代金 339,800円~
羽田発・イスタンブール海峡クルーズと世界遺産歴訪トルコ9日間
直行便トルコ航空指定!
 
  
 
10th year

イスタンブールからのアクセス

パタラの最寄りの空港は「ダラマン(Dalaman)」となります。イスタンブールからは国内線を利用して行くことができ、所要時間は1時間10分ほどです。ダラマン行きの国内線は1日に10便近く運行しています。

少し離れますが、「アンタルヤ(Antalya)」からもパタラ方面へアクセス可能です。

アンタルヤはトルコの地中海随一のリゾート地!観光の見どころを解説

ダラマンからフェティエまで

ダラマン空港からフェティエまでは空港バスが運行しており、所要時間は1時間ほどで運賃は25TLとなっています。空港バスは、フェティエの町の中心部から約3km東にあるオトガル(バスターミナル)に到着します。

知られざるリゾート地「フェティエ」は絶景ビーチに遺跡と魅力が満載!

ダラマンからカシュまで

ダラマン空港からカシュまでは空港バスが運行しており、所要時間は2時間半ほどで運賃は60TLとなっています。

カシュ・カルカン・デムレ(ミュラ)の魅力!リゾートと遺跡を同時に楽しもう

  • SHARE
  • ico_facebook
  • ico_twitter