トルコおすすめ観光案内

シデは古代都市遺跡とビーチの両方を満喫できるトルコの人気観光地

更新日:2023.02.28

投稿日:2022.11.14

Views: 836

シデ スィデ トルコ

シデ(スィデ、Side)は、古いアナトリア地方の言葉で「ザクロ」という意味を持つ古代の港で、トルコで最も有名な古代遺跡の一つに数えられています。トルコ南部の地中海地方に位置するアンタルヤ県の「トルコのリビエラ」と呼ばれる海岸線が続く地域にある町です。

半島にある小さな町ですが、かつてのアポロン神殿、円形劇場など町全体に遺跡が残っていて多くの旅行客が訪れる人気観光スポットになっています。

シデはトルコの人気観光地

シデ遺跡 トルコ

シデの中心街は、石造りと木造が融合した独特の建築様式が特徴で魅力的です。通りにはお土産店やレストラン、バーが立ち並んでいます。メインストリートから外れて海沿いを歩くと美しい地中海沿いのビーチが広がっています。

地中海はどこにある?ビーチや料理、気候など魅惑の地中海を紹介!

シデへのアクセス

日本からシデに行く場合は、イスタンブールまで直行便のターキッシュエアラインズを利用してトルコ国内線に乗り換えアンタルヤ空港へ行きます。アンタルヤ空港からシデの町までは車で一時間ほどです。

イスタンブール
  • 人気ランキング【第1位】
  • 特別全額キャンセルサポートで安心
  • 4名から19名限定・バスは1人2席
  • ビジネスクラスも格安プランでご用意
トルコツアーキャンペーン!
燃油サーチャージ込み!全観光・全食事付
旅行代金 339,800円~
羽田発・イスタンブール海峡クルーズと世界遺産歴訪トルコ9日間
直行便トルコ航空指定!
 
  
 
10th year

シデの主要な観光スポット

シデの町の中には、ローマ時代の遺跡が多く残っています。ここで、主要な観光スポットをご紹介します。

円形劇場

シデ遺跡 トルコ

2世紀につくられた円形劇場は、1万5000人を収容したといわれ、パンフィリア地方最大規模を誇ります。ビザンツ時代には教会として使われていました。

円形劇場とは?古代ギリシャ・ローマ時代の遺跡が今も息づくトルコ

ウェスパシアヌス帝の門と噴水

円形劇場の脇には、凱旋門を彷彿とさせる大きな門があります。これは、町を取り囲んでいた二重の城壁の内側の門として機能していました。門の左脇には、69年~79年の間ローマ帝国を治めた皇帝ウェスパシアヌスのモニュメントが設置されていました。しかし、もともと設置されていた彼の像は残っておらず、噴水の枠だけが当時の面影を今に伝えています。

港の浴場

港に近い立地のため「港の浴場」と呼ばれている、ローマ時代の浴場跡です。水、ぬるま湯、お湯と温度別にわかれた浴槽は、複数の空間に分かれていて、脱衣所を含め合計10の空間に仕切られていたそうです。

動乱の歴史を歩んだローマ帝国の成り立ちから滅亡までをわかりやすく解説!

シデ博物館

スィデ博物館 シデ遺跡 アンタルヤ

スィデ博物館は、ローマ浴場跡を博物館にして発掘物を公開しています。ヘルメス像の頭部や勝利の女神像、メデゥーサ、アポロ神殿の供物を捧げる祭壇など、ローマ~ビザンチン時代の発掘物が見学できます。博物館内では、かつて浴場であった事を思わせる古い水盤や壁の中の排水管、大理石張りの床も見られます。

公式サイト:SIDE MUSEUM

アポロンとアテナの神殿

シデ スィデ遺跡 アンタルヤ

三方が海に囲まれた半島の突端にある神殿は、ローマ時代の2世紀につくられました。ギリシャ風の神殿で、アポロンとアテナの二つの神殿が組み合わさった形になっていたそうです。正面のレリーフの彫刻は素晴らしい保存状態で、当時のヘレニズム文化の影響を強く感じられます。

現在は大理石の白い柱が残るのみですが、青い海とのコントラストが見事です。夕日の時間と夜のスポットライトに照らされた姿も美しいです。また、神殿跡付近には他の遺跡もあり、それを活かした遺跡レストランもあります。

噴水

「ニンファエウム」は、2世紀建造の噴水跡で、かつてシデの町を取り囲んでいた城壁に設置されていたものです。この場所に水源はなかった為、噴水の水は近くにある水道橋からパイプを使って運ばれていたそうです。

イスタンブール
  • 人気ランキング【第1位】
  • 特別全額キャンセルサポートで安心
  • 4名から19名限定・バスは1人2席
  • ビジネスクラスも格安プランでご用意
トルコツアーキャンペーン!
燃油サーチャージ込み!全観光・全食事付
旅行代金 339,800円~
羽田発・イスタンブール海峡クルーズと世界遺産歴訪トルコ9日間
直行便トルコ航空指定!
 
  
 
10th year

シティー・ゲート

噴水跡ニンファエウムの目の前にある、かつて城壁に囲まれていたシデの町への入口シティー・ゲートは、ヘレニズム時代に建造されたものです。入ったところの広場はもともと円形でしたが、後のローマ帝国時代に馬蹄形につくり変えられたそうです。

シデの歴史

シデ遺跡 トルコ

パンフィリア地方(古代の地名で、トルコの小アジア南部、リュキアとキリキアに挟まれ地中海からトロス山脈までの間の地方を示した呼称)で最も重要な港だったシデは、紀元前7世紀頃にギリシャ人によってつくられたイオニアの植民都市です。

長く栄えた都市国家で、途中アレキサンダー大王に支配されましたが、ローマ時代の2~3世紀頃から13世紀のセルジューク時代まで商業都市として栄え、数々の建造物が築き上げられました。特にローマ時代に大変栄え、水道橋が町に水をもたらし、ローマ浴場にはクレオパトラが入ったといわれています。

クレオパトラ7世はどんな人?波乱に満ちた生涯と彼女が残した伝説とは

シデ語

古代都市シデで話されていた「シデ語」は、古代アナトリア語の中で最もまばらに文書化されている言語の一つです。インド・ヨーロッパ語族のアナトリア語派に属していますが、アナトリア語派の言語のうちで最も資料が貧しいです。シデ文字はアルファベットですが、完全に解読されておらず、起源も明らかになっていません。

イスタンブール
  • 人気ランキング【第1位】
  • 特別全額キャンセルサポートで安心
  • 4名から19名限定・バスは1人2席
  • ビジネスクラスも格安プランでご用意
トルコツアーキャンペーン!
燃油サーチャージ込み!全観光・全食事付
旅行代金 339,800円~
羽田発・イスタンブール海峡クルーズと世界遺産歴訪トルコ9日間
直行便トルコ航空指定!
 
  
 
10th year

シデはビーチリゾートとしても人気

シデ トルコ

地中海沿岸の町シデはトルコ有数の美しいビーチリゾートとしても人気で、夏になると海沿いに立ち並ぶリゾートホテルはバカンス客でいっぱいになります。

シデが昔から重要な地とされた一番の要因である港(マリーナ)は、現在ボートツアーの船と漁船が発着しています。港周辺では地元の人が釣りを楽しんでいる姿があり、ローカルな雰囲気です。

トルコのおすすめリゾート13選!世界的に人気の観光地を紹介

シデの名物料理

シデは地中海沿いという土地柄から新鮮なシーフード料理が名物です。

トルコで味わう絶品シーフードグルメ!おすすめ魚料理まとめ

  • SHARE
  • ico_facebook
  • ico_twitter