トルコおすすめ観光案内 イスタンブール

プリンセス諸島とは?イスタンブールの喧騒を離れてリゾート気分!

更新日:2023.10.30

投稿日:2023.10.30

Views: 183

プリンセス諸島 トルコ イスタンブール

プリンセス諸島(Adalar)は、イスタンブールのアナトリア側南岸の沖合、マルマラ海の北東部に広がる群島です。ビザンチン時代、貴族や皇子の流刑地となったことから、「皇子達の島(Prince’s Islands)」と呼ばれています。

大小9つの島と海岸近くの2つの岩から構成され、総人口は16,000人ほどの地区ですが、風光明媚なリゾートとして観光客に人気があります。

プリンセス諸島とは

マルマラ海 プリンス諸島

プリンセス諸島は、以下の9つの島と2つの岩からなっています。

  • ビュユク島(Büyükada)
  • ヘイベリ島(Heybeliada)
  • ブルガズ島(Burgazada)
  • クナル島(Kınalıada)
  • セデフ島(Sedefadası)
  • ヤッス島(Yassıada)
  • スィヴリ島(Sivriada)
  • タヴシャン島(Tavşanadası)
  • カシュク島(Kaşıkadası)

プリンセス諸島は、中世まで修道院がある都会の喧騒から離れた場所でしたが、19世紀に船舶での往来が活発になると、ビュユク島・ヘイベリ島・ブルガズ島・クナル島は夏のリゾートとして人気を博し、イスタンブールの裕福なオスマン人やギリシャ人、ユダヤ人、アルメニア人が西洋風のサマーコテージを建てました。

ビュユク島、ヘイベリ島、ブルガズ島、クナル島、セデフ島は有人島で、観光客も訪れます。その他の島は無人島あるいは定住している人がいない島です。

プリンセス諸島の場所・アクセス

プリンセス諸島 トルコ イスタンブール

プリンセス諸島のうち、ビュユク島・ヘイベリ島・ブルガズ島・クナル島へは、イスタンブールからフェリーが出航しています。ボスポラス海峡を下ってマルマラ海に出て、それぞれの島まで90分ほどでアクセスできます。

どの島も自家用車の乗り入れが禁止されているため、昔ながらの静かな雰囲気が今も保たれています。現地での移動手段は、徒歩か自転車、そして馬車(フェイトン)です。最近では、馬車の代わりに電動自転車も普及してきています。

のんびりと散歩したり、美しい島内を巡る馬車ツアーに参加したり、海岸沿いで食事やお酒を楽しんだり、小さなビーチで泳いだりと、イスタンブール市街とはまた違った体験ができます。ビュユク島やヘイベリ島にはホテルも数軒ありますが、夏場の特に週末は混雑するため、早めの予約がおすすめです。

プリンセス諸島の島と観光の見どころ

ビュユク島(Büyükada)

プリンセス諸島 ビュユク島

ビュユク島(Büyükada)は、トルコ語で「大きな島」を意味する名前の通り、面積5.4km²のプリンス諸島最大かつ、最も人気の高い島です。普段は人口7,000人ほどですが、ハイシーズンの夏になると40,000人にも上ります。

美しい海を見ながら地元のシーフード料理を堪能したり、ビーチでのんびりしたりと、ゆったりとした時間を過ごせます。有名な観光スポットとして挙げられるのは、歴史ある建築物であるアヤ・ヨルギ教会とギリシャ正教孤児院です。

ヘイベリ島(Heybeliada)

プリンセス諸島 ヘイベリ島

ヘイベリ島(Heybeliada)は、面積2.34 km²、人口5,000人ほどのプリンス諸島で2番目に大きな島です。プリンス諸島の中でも特に緑豊かな島で、ビュユク島と並んで人気があります。

歴史的なビザンチン様式の貴重な教会が見られるほか、オスマン時代の有名な文学者フセイン・ラフミー・ギュルプナルが住んでいた家が博物館として公開されています。海岸沿いにはレストランが立ち並びます。

ブルガズ島(Burgazada)

ブルガズ島(Burgazada)は、面積1.5㎢、人口1,500人ほどの、プリンス諸島で3番目に大きな島です。

ここは、トルコの著名な小説家サイット・ファイク・アバスヤヌクが住んでいた場所であり、彼が住んでいた家は博物館になっています。美しいビーチや松林、昔ながらの木造の邸宅も魅力の一つです。

クナル島(Kınalıada)

クナル島 プリンセス諸島

クナル島(Kınalıada)は、面積1,356㎢とプリンス諸島で4番目に大きく、最もイスタンブールに近い島です。歴史あるアルメニア教会や修道院なども残っています。小さく静かな雰囲気のクナル島は、ゆったりと海水浴を楽しむのに最適な場所で、パブリックビーチのほかにプライベートビーチもあります。

セデフ島(Sedefadası)

セデフ島(Sedefadası)は、面積0.157 km²で、プリンス諸島で最も小さい島の一つです。自然環境を守るため、厳しい建築規制があります。

セデフ島には集落がなく、大部分は私有地で、観光客が立ち入れる場所は限られていますが、イスタンブールから最も離れた静かなこの島では、ゆったりと自然に親しんだり、ビーチで海水浴を楽しんだりできます。

  • SHARE
  • ico_facebook
  • ico_twitter