トルコおすすめ観光案内 アンカラ

アンカラ城とは?トルコの首都を代表する歴史的観光名所

更新日:2023.11.08

投稿日:2023.11.08

Views: 152

アンカラ城 トルコ

アンカラ城は、トルコの首都アンカラにある歴史的な観光名所です。正確な築城時期は不明ですが、紀元前から同じ場所に存在しており、ローマ、ビザンチン、セルジューク、オスマン・トルコとさまざまな時代を経て破壊と再建を繰り返しながら、現在もその姿を残しています。

街の中心の高い台に位置するアンカラ城は、遠くからでもよく見えます。外から見るよりも意外と広い城内には古き良きオスマン帝国時代の街並みが残っており、トルコの歴史と文化を肌で感じられる人気の観光スポットになっています

アンカラ城の観光の見どころ

アンカラ城は丘の高い部分に位置する内城と、それを囲む外城から構成されています。約20の塔がある外城は、ハートのような形状でアンカラの旧市街を取り囲んでいます。

内城の面積は約43,000平方キロメートル、4階建てで高さは14~16mで、42の五角形の塔があるのが特徴です。内城には外門とヒサール門の2つの門があり、門にはイルハン朝の碑文が見られます。また、北西部には、セルジューク朝の支配者が城の修復を行ったことが記された碑文が残っています。

アンカラ城は長い歴史の中で何度も破壊と修復が繰り返されてきました。8~9世紀にアンカラが侵攻を受けた際は、当時すでに廃墟となっていたローマ遺跡の大理石などが修復に使われた形跡があるなど、周辺のさまざまな材料が使われているのも興味深い点です

今でも城内には、オスマン帝国時代の古い家屋が数多く残っており、一部は修繕・改装されてレストランやショップとして利用されています。

イスタンブール
  • 人気ランキング【第1位】
  • 特別全額キャンセルサポートで安心
  • 4名から19名限定・バスは1人2席
  • ビジネスクラスも格安プランでご用意
トルコツアーキャンペーン!
燃油サーチャージ込み!全観光・全食事付
旅行代金 339,800円~
羽田発・イスタンブール海峡クルーズと世界遺産歴訪トルコ9日間
直行便トルコ航空指定!
 
  
 
10th year

アンカラ城の場所・アクセス

アンカラ城 トルコ共和国

アンカラ城は、トルコの首都アンカラのアルトゥンダー(Altındağ)地区にあります。メトロ(地下鉄)のウルース(Ulus)駅で下車後、ウルース・バザール(Ulus Bazaar)側の出口を出て、徒歩15分ほどでアクセスできます。

近くには、トルコの長い歴史を学べる豊富な展示が見られるアナトリア文明博物館もあるので、併せて見学するのがおすすめです。

名称 アンカラ城(Ankara Kalesi)
名称 Kale, 06240 Altındağ/Ankara, トルコ
定休日 なし

アンカラ城の歴史

アンカラ城 トルコ

アンカラ城は、ガラティヤ人がアンカラに定住していた時代には存在していました。かつてこの地を軍事拠点としていたヒッタイト人によって築かれたとする意見もありますが、正確な建設年代は不明です。

紀元前2世紀初頭、ローマ帝国がガラティア(現在のアンカラ周辺)を占領した後、都市が発展する中で、西暦217年にはローマ皇帝カラカラが城壁を修復。222~260年にかけて、皇帝セウェルス・アレクサンデルがペルシャ軍に敗れた際に城が部分的に破壊されますが、ビザンツ時代になると688年にユスティニアヌス2世が外側の城壁を築き、740年にレオン4世が内壁を高くして城壁を修復し、9世紀にはニケフォロス1世とバシレイオス1世も城の修復を行いました。

アンカラ城は1073年にセルジューク朝に占領されました。1101年に一度十字軍の手に落ちますが、1227年には再びセルジューク朝が支配し、アラーウッディーン・カイクバード1世が城が修復した後、1249年にはカイカーウス2世が増築を行いました。オスマン帝国時代の1832年には、イブラヒム・パシャによって修復および城の外壁が拡張されました。

アンカラ城は長い歴史の中で修復を繰り返しながら、現在にその姿を残しています。

トルコの歴史をわかりやすく解説!人類文明発展を道のりを辿る旅に出よう

  • SHARE
  • ico_facebook
  • ico_twitter