トルコの豆知識・お役立ち情報

トルコで盛んなスポーツは?種目別に人気度・活躍ぶりを解説

更新日:2023.04.04

投稿日:2022.05.09

Views: 2439

トルコ サッカー スポーツ

トルコはスポーツが盛んな国で、様々なスポーツが人気を集めています。中でも1番人気のあるスポーツはサッカーです。その他にも柔道や重量挙げなどオリンピックでもメダルを獲得している盛んな競技がたくさんあります。近代スポーツ以外にも世界最古のスポーツともいわれる国技のヤールギュレシ(オイルレスリング)が親しまれています。

今回は、トルコで人気のあるスポーツとこれまでの活躍についてご紹介します。トルコの伝統的な競技やトルコで体験できるスポーツも紹介するので、ぜひ参考にしてください。

トルコで人気の国民的スポーツとは?

サッカー

トルコ サッカー スポーツ

トルコの中で最も人気があるサッカー。FIFAランクは最高5位と世界的に見てもサッカー強豪国のトルコでは、シーズン中に多くの熱心なサポーターがスタジアムへ通います。

トルコで初めてサッカーが行われたのは1875年。当時のオスマン帝国の領土内テッサロキ二でのイギリス人同士によるものでした。

1894年には「イズミール・サッカークラブ」を設立、1895年にイスタンブールにもクラブリーグを設立しました。1900年代に入るとトルコ国内で急速にサッカーが普及し始め、1923年にサッカー連盟が設立されたという歴史があります。

トルコ国内最高峰のグループリーグ「スュペル・リグ」には20クラブが所属し(2022年現在)、中でも「ベシクタシュ」「ガラタサライ」「フェネルバフチェ」が常に上位に入り高い人気を集めています。スュペル・リグの開催時期は8月〜翌年5月までで、トルコでは熱狂的なファンが多くシーズン中は熱心に足を運びます。

また、「ベシクタシュ」「ガラタサライ」「フェネルバフチェ」の3チームが本拠地としているイスタンブールは、トルコのサッカーファンにとって一度は訪れてみたい憧れの地です

スュペル・リグでは過去に、香川真司選手・長友佑都選手・稲本潤一選手などの日本人が活躍しました。国際大会では、2002年開催のワールドカップで第3位、2008年のヨーロッパ選手権で第3位に輝いていて、強豪国揃いのヨーロッパの中でも国際大会出場の枠を勝ち取り誇らしい成績を収めています。

イスタンブール
  • 人気ランキング【第1位】
  • 特別全額キャンセルサポートで安心
  • 4名から19名限定・バスは1人2席
  • ビジネスクラスも格安プランでご用意
トルコツアーキャンペーン!
燃油サーチャージ込み!全観光・全食事付
旅行代金 339,800円~
羽田発・イスタンブール海峡クルーズと世界遺産歴訪トルコ9日間
直行便トルコ航空指定!
 
  
 
10th year

バレーボール

バレーボールもトルコでは人気のあるスポーツです。特に女子バレーボールリーグはヨーロッパ内でトップリーグとして認識されており、国内でも人気があります。リーグの中でも「ワクフバンクSK」は、クラブ世界選手権やヨーロッパチャンピオンリーグで優勝経験があり、世界からも注目される存在です。日本人では過去に木村沙織選手がプレーしました。

トルコの女子代表チームは世界選手権で2010年に6位、ヨーロッパ選手権で2003年に2位が最高順位となっていて、今後はオリンピックでのメダルが期待されています。

2021年の東京オリンピックでは、女子バレーボール代表のゼフラ・ギュネシュ選手の美貌が注目され、日本でも話題になりました。

トルコは美女大国?トルコ美人の特徴や美容法などトルコの「美」をご紹介!

バスケットボール

バスケットボール

バスケットボールは1966年に男子プロリーグ「スュペル・リギ」が設立されました。リーグ戦での優勝回数が最も多い「アナドル・エフェス」は、バスケットボールの国内最高峰チームとされています。ちなみに、このチームのメインスポンサーは、トルコの大手ビールメーカーのエフェス社です。

トルコビールを徹底解説!世界で愛されるトルコビールの魅力と美味しい飲み方

国際戦では2001年のヨーロッパ選手権で2位、2010年の世界選手権で2位に輝き、どちらも自国開催であったことから大きな話題となりました。バスケットボールの世界最高峰リーグNBAでも多くのトルコ人が活躍しています。中でもエネス・カンター選手はNBAの主力選手として躍動しています。

水泳

トルコで初めて水泳競技大会が行われたのは1923年のことです。オリンピックや世界選手権でのメダルの獲得はまだありませんが、2021年の東京オリンピックでは男子21名女子16名と多くの選手が競泳種目に参加しています。

トルコでの水泳大会で有名なのがイスタンブールで行われる「ボスポラス海峡大陸間水泳大会」で、アジア大陸とヨーロッパ大陸を繋ぐボスポラス海峡を横断します。毎年7月に開催されていて、2019年大会には約2,400人が参加したという人気のあるイベントとなっています。

ボスポラス海峡とは?クルーズの見どころと夢のトンネル、日本との関係

イスタンブール
  • 人気ランキング【第1位】
  • 特別全額キャンセルサポートで安心
  • 4名から19名限定・バスは1人2席
  • ビジネスクラスも格安プランでご用意
トルコツアーキャンペーン!
燃油サーチャージ込み!全観光・全食事付
旅行代金 339,800円~
羽田発・イスタンブール海峡クルーズと世界遺産歴訪トルコ9日間
直行便トルコ航空指定!
 
  
 
10th year

重量挙げ

重量挙げ

国際大会でのトルコの重量挙げの成績は輝かしいもので、オリンピックでは2021年東京大会までに金8個、銀1個、銅2個のメダルを獲得し、ヨーロッパ重量挙げ選手権では2019年までに金68個、銀40個、銅48個のメダルを手にしています。

その中でも有名なのが、身長147センチという小柄な体型にも関わらず、自身の3倍の重さにもなるバーベルを挙げる男子ナイム・スレイマノグル選手。1988年のソウルオリンピックから五輪3連覇を果たし、世界記録を46回更新するという偉業を成し遂げました。

女子ではヌルカン・タイラン選手が1996年のアトランタオリンピックで金メダルを獲得し、ヨーロッパ選手権では6回の優勝を果たしています。

ボクシング

ボクシング

トルコのボクシングではアマチュア選手がオリンピックで全7個のメダルを獲得しています。近年では2021年開催の東京オリンピックで、女子ウェルター級のブセナズ・シュルメリ選手が金メダル、女子フライ級のブセナズ・チャクロール選手が銀メダルを獲得し大きな話題となりました。

世界選手権では1999年のアメリカ大会で男子スーパーヘビー級のシナン・シャミル・サム選手が優勝に輝きました。プロボクシングでは世界王者のタイトルの獲得は未だありませんが、今後の活躍に期待が持てます。

近代レスリング

近代レスリング

近代レスリングはトルコで非常に盛んなスポーツです。後ほど紹介する伝統競技「ヤールギュレシ(オイルレスリング)」の長い歴史の影響で競技人口も多く、人気スポーツとなっています。

特に男子選手の活躍は著しく、オリンピックでは2021年の東京大会までにグレコローマン、フリースタイルを合わせたメダルの数は金29個、銀18個、銅18個となっていて、常にメダル争いに関わる強豪国となっています。

また、東京大会では76キロ級ヤセミン・アダール選手が銅メダルに輝き、トルコ女子レスリングでは初のメダル獲得の快挙を成し遂げています。

レスリングの歴史や起源、ルールを徹底解説!実はトルコは強豪国

イスタンブール
  • 人気ランキング【第1位】
  • 特別全額キャンセルサポートで安心
  • 4名から19名限定・バスは1人2席
  • ビジネスクラスも格安プランでご用意
トルコツアーキャンペーン!
燃油サーチャージ込み!全観光・全食事付
旅行代金 339,800円~
羽田発・イスタンブール海峡クルーズと世界遺産歴訪トルコ9日間
直行便トルコ航空指定!
 
  
 
10th year

体操

体操

体操競技ではイブラヒム・チョラク選手が2018年のヨーロッパ選手権にて男子つり革で準優勝、2019年世界体操にて優勝しました。オリンピックでのメダル獲得はまだありませんが、2021年の世界体操ではアフメット・オンダー選手が男子個人総合で5位入賞を果たしており、今後の活躍が期待されています。

体操競技にはトルコ人が考案した技もあります。吊り輪のチョラック(懸垂から伸腕で引き上げ脚上挙十字懸垂)、跳馬のアリカン(前転とび1回ひねり前方屈身宙返り1/2ひねり)・カンバス(クエルボ1回半ひねり)、平行棒のアリカン(棒下振り出し開脚抜き倒立)など、多くの技が生まれました。

アーチェリー

アーチェリー

紀元前5000年頃からアーチェリーが行われていたというトルコには、500人の観客を動員できる大規模な競技場「アンタルヤセンテニアルアーチェリー場」があり、過去には国際大会が開催されています。

2021年の東京大会のオリンピックで、メテ・カゾズ選手が男子個人で金メダルを獲得。トルコの長いアーチェリーの歴史の中で初のオリンピックメダル獲得となり国内は歓喜に包まれました。

パラリンピックでも過去に金1個、銅1個のメダルを獲得しており、ワールドカップでは金1個、銀3個のメダルに輝いています。

自動車競技(ラリー)

トルコの自動車競技「ラリー・ターキー」は荒れた走路と高温の影響で、世界の中でもかなり過酷なラリーとされています。トルコでは1970年代に急速に自動車競技が広まり、2003年に初めてラリー・ターキーがWRC(世界ラリー選手権)のカレンダーに組み込まれました。

2020年にトルコで行われたラリーでは、トヨタの車種「TOYOTA GAZOO Racing WRT」が1位と4位に入り、日本のラリーファンを大いに沸かせました。

イスタンブール
  • 人気ランキング【第1位】
  • 特別全額キャンセルサポートで安心
  • 4名から19名限定・バスは1人2席
  • ビジネスクラスも格安プランでご用意
トルコツアーキャンペーン!
燃油サーチャージ込み!全観光・全食事付
旅行代金 339,800円~
羽田発・イスタンブール海峡クルーズと世界遺産歴訪トルコ9日間
直行便トルコ航空指定!
 
  
 
10th year

柔道

柔道

トルコ国内では武道(空手・剣道・柔道など)の人気が非常に高いです。柔道の競技人口も決して少なくありません。過去には日本からトルコに50着の柔道着を提供したことがあり、柔道を通して日本との関わりがあります。

オリンピックでは過去に2つのメダルを獲得し、国際柔道連盟主催の柔道国際大会の成績上位国で行われる「グランドスラム」が2021年アンタルヤで行われました。

テコンドー

テコンドー

テコンドーは1960年代にトルコに伝わりました。テコンドーはヨーロッパでも非常に人気のあるスポーツで、強豪揃いのヨーロッパチャンピオンシップ大会でもトルコは6回の優勝をしている実績があります。

オリンピックでは2021年東京大会までに9個のメダルを獲得し、パラリンピック東京大会においてはメリイェム・ベテュル・チャウダル選手が女子49kg級で銀メダルを、マフムット・ボズテケ選手が男子61kg級で銅メダルに輝き注目を集めました。

ビリヤード

ビリヤード

実はビリヤードが盛んなトルコは、ビリヤードの一種であるスリークッション国別対抗戦で、2019年ドイツ大会までに5度の優勝に輝いています。

トルコで最も有名なビリヤードプレイヤーはセミフ・サエギナール選手で、2003年にはスリークッションの世界選手権大会で金メダル、ワールドカップで金メダルに輝きその年のベストビリヤードプレイヤーとして表彰されています。競技だけでなくトリックショットショーでも観客を沸かせ、ターキッシュプリンスの愛称で親しまれました。

イスタンブール
  • 人気ランキング【第1位】
  • 特別全額キャンセルサポートで安心
  • 4名から19名限定・バスは1人2席
  • ビジネスクラスも格安プランでご用意
トルコツアーキャンペーン!
燃油サーチャージ込み!全観光・全食事付
旅行代金 339,800円~
羽田発・イスタンブール海峡クルーズと世界遺産歴訪トルコ9日間
直行便トルコ航空指定!
 
  
 
10th year

トルコの伝統スポーツ

ここからはトルコの伝統的なスポーツをご紹介していきます。世界的に見ると知名度は高くなくオリンピック競技になっているわけでもありませんが、トルコ国内では人気の高い歴史ある伝統競技があります。

ヤールギュレシ(オイルレスリング)

オイルレスリング トルコ相撲 ヤールギュレシ

トルコでは国技ともされているヤールギュレシ(オイルレスリング)が高い人気を誇っていて、毎年行われる全国大会では白熱した試合が繰り広げられ盛り上がりを見せています。

オイルレスリングが始まったのは14世紀。オスマン帝国時代に強い戦士を育成するための鍛錬として行われたのがきっかけで、世界最古のスポーツの一つとも言われています。

全身にオリーブオイルを塗ることからオイルレスリングと名付けられ、牛革製のズボンのみを身に着けて試合します。ルールは至ってシンプルで、両肩を地面に着けられる、身体を持ち上げて3歩の移動を許す、自らギブアップする、牛革製のズボンが脱げたり破れたりすると負けとなります。競技時間40分で勝敗が付かなければ15分の延長線に持ち込まれます。

年間トルコ国内で40もの大会が繰り広げられています。中でも最も大きい大会「オイルレスリング全国大会」がトルコ最西端の都市エルディネにて行われ、開催時期は6月〜7月の間の3日間です。

参加人数は1,500人を超え大きな賑わいを魅せるこの大会は、ユネスコの無形文化遺産にも登録されています。大会の様子はテレビで全国放送され優勝すると大統領からベルトが贈呈されるなど国を上げて開催され、現地では欠かせない風物詩となっています。

トルコ相撲(ヤールギュレシ)とは?無形文化遺産のオイルレスリング

ジリット

ジリット

ジリットとは馬に乗りながら相手チームの騎手に向かって槍を投げ合ってポイントを競う競技です。11世紀に中央アジアのトルコ系民族がアナトリアに移住したことでトルコに持ち込まれ、スポーツ競技として発展していったという説があります。

元々は娯楽として楽しまれていましたが、結婚式など重要な儀式の日や縁日など祝いごとでも行われているようです。男性のみが行う競技で、馬に跨がり槍を投げたり避けたりしながら全速力で駆けていく姿は迫力満点でとても見応えがあります。ただ槍を投げるのはあまりにも危険度が高いのと、動物愛護の観点から現在は棒を使って競技を行っています。

現在ではトルコ東部のカルスやエルズルム、エーゲ海地方にその伝統が残っています。

イスタンブール
  • 人気ランキング【第1位】
  • 特別全額キャンセルサポートで安心
  • 4名から19名限定・バスは1人2席
  • ビジネスクラスも格安プランでご用意
トルコツアーキャンペーン!
燃油サーチャージ込み!全観光・全食事付
旅行代金 339,800円~
羽田発・イスタンブール海峡クルーズと世界遺産歴訪トルコ9日間
直行便トルコ航空指定!
 
  
 
10th year

トルコで体験できるスポーツ

トルコは海、山、川、たくさんの自然に恵まれた国で、その自然を活かした様々なスポーツを楽しめます。中でもゴルフ場とスキー場は世界からも注目される名所揃いで、観光客からも根強い人気があります。ここからはトルコで体験できるスポーツを紹介していきます。

ゴルフ

トルコ ゴルフ アンタルヤ

地中海地方のアンタルヤ県にあるベレクは、2013年にヨーロッパゴルフベストディスティネーションにも選ばれ「ゴルファーの天国」とも称されるほど、ゴルファーにとっては注目度の高い街です。

車で走ると5分も経たないうちに次のゴルフ場に到着できるほどのゴルフ場の密集地帯で、トルコ全土で20個あるゴルフ場のうち16個がアンタルヤに存在しています。近年ではプロゴルファーがオフシーズンを過ごすなど、世界中から多くの人が訪れ、リゾート地としても開発が進んでいます。

特に有名なのが「マックスロイヤルモンゴメリーコース」で、過去には欧州ツアー・ターキッシュエアオープンが3年連続で開催され、タイガー・ウッズ、ルーク・ドナルドなど世界のスーパースター達がプレーした舞台となっています。

ウェブサイト:http://www.montgomeriemaxxroyal.com/

スキー

トルコ スキー アンタルヤ

オリンピックや国際大会でのスキー競技でトルコは未だメダル獲得はありませんが、山が多いトルコでは優良なスキー場がいくつもあります。ウルダースキー場(ブルサ県)、エンジエススキー場(カイセリ県)、パランドケンスキー場(エルズルム県)などが知名度も高く人気となっています。

ブルサ県にあるウルダースキー場は、イスタンブールから近くトルコで1番のスキーリゾート地です。12月〜4月がベストシーズンとなっていて、標高1,900〜2,500mに20面のゲレンデがあり、初心者から上級者まで楽しめるので、ファミリー層にも人気があります。

世界遺産の街・ブルサのおすすめ観光スポット紹介!歴史の深い自然豊かな古都

ウルダースキー場ウェブサイト:https://www.uludaginfo.com/en

エルズルム県にあるパランドケンスキー場も人気のあるスキー場の一つです。

パランドケンスキー場ウェブサイト:https://www.ejder3200.com/#

標高は2,200〜3,100mで、トルコのスキー場では最長の10キロに渡って一直線に下ることができるコースがあります。国際大会が行われるほど、優良な雪質としても知られています。

観て、感じて、トルコのスポーツで熱くなろう!

トルコ オイルレスリング ヤールギュレシ

現在トルコで最も人気のあるスポーツはサッカーですが、近頃はバレーボールやバスケットボール、日本でも親しみの深い柔道なども人気です。

また、トルコの国技である伝統競技のオイルレスリングはユネスコの無形文化遺産に認定され、現地では知らない人はいない歴史あるスポーツとなっています。

地中海に面して山も多く自然豊かなトルコでは、世界から注目されるゴルフコースやスキー場がたくさんあり、こういったスポーツが好きな方にはぜひ訪れていただきたい場所です。

観戦するのも体験するのも楽しめるトルコでは、スポーツを通じて熱くなれることでしょう。

イスタンブール
  • 人気ランキング【第1位】
  • 特別全額キャンセルサポートで安心
  • 4名から19名限定・バスは1人2席
  • ビジネスクラスも格安プランでご用意
トルコツアーキャンペーン!
燃油サーチャージ込み!全観光・全食事付
旅行代金 339,800円~
羽田発・イスタンブール海峡クルーズと世界遺産歴訪トルコ9日間
直行便トルコ航空指定!
 
  
 
10th year
  • SHARE
  • ico_facebook
  • ico_twitter