トルコが誇る世界遺産

ゴルディオンとは?トルコ20番目の世界遺産の観光見どころ

更新日:2023.09.22

投稿日:2023.09.22

Views: 366

ゴルディオン フリギア王国 ミダス王

2023年9月にサウジアラビアの首都リヤドで開催された第45回ユネスコ世界遺産委員会で、トルコにあるゴルディオンの古代都市遺跡が新たに文化遺産に登録されることが決定されました。ゴルディオン古代都市は、トルコで20番目のユネスコ世界遺産です。

また、同委員会では、中世アナトリアの木造多柱式建築のモスク群も文化遺産として登録が決定。トルコにある世界遺産は合計で21となりました。

ゴルディオンの古代都市とは?

ゴルディオン トルコ

ゴルディオン(Gordion)は、現在のトルコ共和国の首都であるアンカラの西の県境近くにあった、フリギア王国の首都です。フリギア王国は、ヒッタイトが滅亡した後にトラキア方面から侵入してきたフリギア人がアナトリア中西部に建国しました。このフリギア王国の初代国王ゴルディアスが首都して築いた都市がゴルディオンです。

紀元前8世紀頃に在位した2代目国王・ミダスの治世を中心に栄えたフリギア王国ですが、紀元前7世紀末頃にはキンメリア人に侵略されてしまいました。その後もリディアやペルシア、アレクサンドロス3世のマケドニア、ペルガモン王国に支配され、ローマ帝国内の地域として名を残しました。

アナトリアが小アジアと呼ばれる理由とは?歴史・文明・遺跡を紹介

イスタンブール
  • 人気ランキング【第1位】
  • 特別全額キャンセルサポートで安心
  • 4名から19名限定・バスは1人2席
  • ビジネスクラスも格安プランでご用意
トルコツアーキャンペーン!
燃油サーチャージ込み!全観光・全食事付
旅行代金 339,800円~
羽田発・イスタンブール海峡クルーズと世界遺産歴訪トルコ9日間
直行便トルコ航空指定!
 
  
 
10th year

ゴルディオンにまつわる有名な逸話

ゴルディオスの結び目

ゴルディアスの結び目

「ゴルディアスの結び目」とは、“誰も解決できないような難題”を意味する故事成語です。フリギア王国の初代国王ゴルディアスは、首都ゴルディオンにあった柱に牛車をしっかりと結びつけ、「この結び目を解いたものがアジアの王になる」と予言しました

紐の両端が確認できないほど複雑に絡み合った結び目は長らく誰も解くことができませんでしたが、軍の編成のためにこの地に立ち寄ったアレキサンダー大王は、なんとこの結び目を剣で一刀両断。予言通りに、アジアの覇者となりました。

ゴルディアスの結び目の意味や由来とは?舞台となった古代アナトリアのフリギア王国

ミダス王

ミダスタッチ

フリギア王国のミダス王は、触れたものを黄金に変える「ミダス・タッチ」の神話や、『王様の耳はロバの耳』に登場する王様のモデルとなった人物です。ただし、フリギア王国にはミダスという名の人物が複数いたと見られており、どれが神話で語られる王なのかはハッキリとわかっていません。

「王さまの耳はロバの耳」はトルコの王さまの話だった!物語の背景を解説

ゴルディオン古代都市遺跡の観光情報

ゴルディオンはトルコの首都アンカラの西の県境近く、アンカラ市内から約94㎞の場所にある、現在のポラットル郡ヤッスホユック村に位置しています。ゴルディオンがあったとみられる場所からは、考古学的発掘と研究により、フリギア王国の歴史と文化を確認できる貴重な遺跡が発見されています

ミダス王の墳墓

ゴルディオン フリギア王国 ミダス王

ゴルディオンには王族のものとみられる墳墓が128も存在しています。この中で最も大きい墳丘を持つ墓が、ミダス王の墳墓だと考えられています。墳墓の内部が見学できるようになっており、近くには小さな博物館もあり、併せて見学できます。

名称 ゴルディオン博物館と古代遺跡(Gordion Müzesi Ve Örenyeri)
住所 Yassıhöyük Köyü,Polatlı
営業時間 8:30~19:00(チケット売り場は18:30まで)
入場料金 60TL
ウェブサイト https://muze.gov.tr/muze-detay?SectionId=GOR01&DistId=MRK
イスタンブール
  • 人気ランキング【第1位】
  • 特別全額キャンセルサポートで安心
  • 4名から19名限定・バスは1人2席
  • ビジネスクラスも格安プランでご用意
トルコツアーキャンペーン!
燃油サーチャージ込み!全観光・全食事付
旅行代金 339,800円~
羽田発・イスタンブール海峡クルーズと世界遺産歴訪トルコ9日間
直行便トルコ航空指定!
 
  
 
10th year

アナトリア文明博物館

アンカラ アナトリア文明博物館

アンカラにあるアナトリア文明博物館には、ミダス王の頭蓋骨や副葬品など、ゴルディオン遺跡から発掘されたフリギア時代の貴重な発掘物が展示されています。他にも、年代ごとにアナトリアの歴史や文明に触れられる多彩な展示があり、必見の観光スポットです。

名称 アナトリア文明博物館(Anadolu Medeniyetleri Müzesi)
住所 Kale, Gözcü Sk. No:2, 06240 Ulus/Altındağ/Ankara, Turkey
営業時間 8:30~19:00(冬季は18:00まで)
入場料金 280TL
ウェブサイト https://muze.gov.tr/muze-detay?SectionId=AMM01&DistId=AMM

アナトリア文明博物館の見どころ解説!アンカラで外せない観光名所

  • SHARE
  • ico_facebook
  • ico_twitter