トルコの豆知識・お役立ち情報

メッカの意味とは?イスラムの聖地は本当にすごい場所だった!

更新日:2023.04.04

投稿日:2022.05.23

Views: 11752

イスラム メッカ

時々「〇〇のメッカ」という言葉を耳にしませんか?何となく意味を理解していても、なぜそのような言い回しをするのか疑問に思うかもしれません。

この記事では、世界3大宗教の一つのイスラム教の最大の聖地とされる「メッカ」について詳しく解説します。

そもそも「メッカ」とは?

メッカはサウジアラビアにある都市の名前で、世界各地からムスリム(イスラム教徒)が訪れます。一体どういう場所なのでしょうか。

イスタンブール
  • 人気ランキング【第1位】
  • 特別全額キャンセルサポートで安心
  • 4名から19名限定・バスは1人2席
  • ビジネスクラスも格安プランでご用意
トルコツアーキャンペーン!
燃油サーチャージ込み!全観光・全食事付
旅行代金 339,800円~
羽田発・イスタンブール海峡クルーズと世界遺産歴訪トルコ9日間
直行便トルコ航空指定!
 
  
 
10th year

メッカはイスラム教発祥の地

メッカ カーバ神殿 イスラム教

メッカがイスラム教の聖地とされる理由は、イスラム教発祥の地であると共にイスラム教の預言者であるムハンマド生誕の地であるためです

ムハンマドは570年頃に誕生しました。大人になり商人として働いていたムハンマドは、25歳の時に同じ商人の女性ハディージャと結婚し二人の子どもを授かります。610年、ムハンマドが40歳の頃、メッカにあるヒラー山の洞窟で瞑想を行っていると、ムハンマドの前に天使ガブリエルが突然現れ神の啓示を伝えました。驚いたムハンマドでしたが、妻ハディージャやキリスト教である妻のいとこに説得されて自分が預言者であることを自覚し、世の人々にアッラー(神)の言葉を伝えていきます。

預言者ムハンマドはイスラム教の創始者!生涯や宗教の成り立ちを徹底解説

イスラム教には3大聖地があり、最大の聖地が「メッカ」です。第二の聖地は同じサウジアラビアでムハンマドが埋葬されている「メディナ」、もう一つはムハンマドが迫害を受けた際に移住した地とされているイスラエルの「エルサレム」です。

メッカはサウジアラビアの西部にあり、メッカにはイスラム暦の12月8日〜12月15日の間に世界中のムスリムが巡礼に訪れ、その数は200万人以上とされています。

イスラム教とはどんな宗教?歴史・ルール・食事・服装など基本知識を徹底解説

メッカの中心となるカーバ神殿

メッカ カーバ神殿 イスラム教

イスラムの聖地とされるメッカには「カーバ神殿」があります。カーバ神殿はアッラーに奉納された唯一の神殿とされています。メッカに到達した巡礼者はカーバ神殿の周囲を反時計周りに7周する「タワーフ」と呼ばれる行為をすることから、多くのムスリムが集結する姿が見られます。

「カーバ神殿」はイスラムの聖地!貴重な内部や歴史・どこにあるかを紹介

カーバとはアラビア語で「立方体」という意味で、その名の通り高さ15mほどの大理石を素材とした箱型の建物です。表面は金色の聖なる刺繍が施された「キスワ」という黒い布で覆われていて、中身は空洞となっていています。

また、カーバ神殿の東側の外壁にはムハンマドによって置かれたといわれる「黒石」がありますが、その詳細は謎に包まれています。

ムスリムにとって「メッカ」は生活の一部

ムスリムには実生活の中で行わなければならない「五行」というイスラム教の教えがあります。

  1. シャハーダ(信仰告白)
  2. サラート(礼拝)
  3. ザカート(喜捨:きしゃ)
  4. サウム(断食)
  5. ハッジ(巡礼)

ここからは、五行の中でもメッカに直接関わるサラート(礼拝)とハッジ(巡礼)についてご紹介致します。

礼拝|世界中どこにいてもお祈りは「メッカ」に向かって

東京ジャーミイ モスク 礼拝

ムスリムは、夜明け(ファジュル)、昼過ぎ(ズフル)、午後(アスル)、日没後(マグリブ)、夜(イシャー)の1日5回の礼拝を行うことが義務付けられています。

この礼拝は世界中どこにいても必ず「メッカ」の方角を向いて行わなければなりません。ムスリムが礼拝を行う場所を「モスク」と呼びますが、このモスクの中にはメッカの方角を指す「ミフラーブ」と呼ばれる大理石やタイルで装飾を施された窪みがあります。また、イスラム圏のホテルなどにはメッカの方向を示す案内も多くなっています。「メッカ」は世界中のムスリム達が祈りを捧げるイスラムの中心地なのです。

イスラム教のモスクとは?一度は行ってみたい世界各国のモスク13選も紹介!

ムスリムの礼拝はコーラン(イスラム教の聖典)を声に出しながら、なるべく集団で列を作り、起立→低頭→ひざまずく→頭を地面に着けるという作法で行われます。

イスタンブール
  • 人気ランキング【第1位】
  • 特別全額キャンセルサポートで安心
  • 4名から19名限定・バスは1人2席
  • ビジネスクラスも格安プランでご用意
トルコツアーキャンペーン!
燃油サーチャージ込み!全観光・全食事付
旅行代金 339,800円~
羽田発・イスタンブール海峡クルーズと世界遺産歴訪トルコ9日間
直行便トルコ航空指定!
 
  
 
10th year

ハッジ|ムスリムなら「メッカ」を訪れなければならない?!

メッカ カーバ神殿 イスラム教

五行の中の教えの一つの「ハッジ」は「聖地巡礼」を意味し、その聖地こそがイスラム教最大の聖地「メッカ」となります。すなわちムスリムである以上、生涯に一度はメッカを訪れて巡礼を果たさなければならない義務があるのです。ただ体力的、経済的に余裕がある場合とされています。

巡礼とは?礼拝との違いや種類、主要宗教やトルコならではの聖地を紹介

ハッジはイスラム暦の12月8日〜12月15日の間に行うことが義務付けられていて、この期間以外に行われた巡礼は「ウムラ」と呼ばれハッジを行ったとは見なされません。

ムスリムは、カーバ神殿を回礼する「タワーフ」を行ったり、メッカ郊外にあるアラファトの地を訪れ、祈りを捧げたりします。ハッジでは、男性の巡礼者は「イフラーム」と呼ばれる白い巡礼服を身にまといます。

日本で使われる「〇〇のメッカ」とはどんな意味?

「メッカ」はイスラム教発祥の地で、ムスリムなら生涯に一度は必ず訪れなければならない場所。まさにイスラム教の聖地です。そのことから「特別な場所」や「たくさんの人が訪れる場所」を比喩的に表現して「〇〇のメッカ」と呼ぶようになりました。

例えば、「甲子園は野球をする人にとってメッカである」というように、聖地という言葉に置き換えたり、憧れの地という意味で使ったりします。東京の渋谷には「プリクラのメッカ」というプリクラ専門店も存在します。

ただし、「あそこの店はクレームのメッカ」など悪い意味での使用や、「清水寺は外国人観光客のメッカ」など宗教が関連した言い回しは避けるようにしましょう。「メッカ」はイスラム教にとってとても神聖で特別な場所なので、使い方には配慮が必要です。

サウジアラビアに行けてもメッカには行けない

メッカ サウジアラビア イスラム教

世界中のムスリム達の憧れの地である「メッカ」。一度は訪れてみたいと興味が湧くのではないでしょうか?

メッカはサウジアラビアにある都市です。もともとサウジアラビアは、ムスリムもしくはビジネス目的のある人以外の入国が禁止されていました。2019年9月には、日本を含めた一部の国にビザが解禁され、現在はムスリム以外の観光を目的とした人も入国が可能となっています。しかし、サウジアラビアに行けたとしても「メッカ」にはムスリム以外は立ち入ることができません。あくまでもメッカは巡礼として訪れるための聖地なのです。

ムスリムとはイスラム教徒!生活・食事・ファッションのルールを解説

メッカには空港が無く、サウジアラビアの都市「ジェッダ」から車で1時間半ほどの距離にあるため、巡礼者は自家用車や専用バスなどでメッカに向かいます。そのためハッジの5日間は大変な混雑具合となっています。

トルコのイスタンブールでメッカを感じられるおすすめ観光スポット

イスタンブール トプカプ宮殿

トルコのイスタンブールにあるトプカプ宮殿では多くのイスラム教およびメッカに関する貴重な品々を見ることができます。

もともとトプカプ宮殿はオスマン帝国のスルタン(皇帝=最高権威者)の居城で、スルタンはイスラム教のカリフ(ムハンマド没後のイスラム共同体の最高権威者)も兼ねていました。

スルタンの意味をわかりやすく解説!イスラム教世界やオスマン帝国の支配者の称号

そのためトプカプ宮殿にはイスラム教に関する至宝が多く残されており、メッカにあるカーバ神殿に埋められている黒石を保護するための金属の覆いや、カーバ神殿歴代の鍵など、聖地メッカに深く関係する品々が展示されています。

トプカプ宮殿 ムハンマド 足形

またムハンマドが使用したと言われる軍旗、剣、弓、さらにはヒゲや足形など大変貴重な聖遺物を目にすることができます。

このようにトプカプ宮殿は、イスラム教に深く関与する品が多く保管されていることから、ムスリムの巡礼地となっています。日本では普段イスラム教と触れ合う機会が少ないと思いますが、イスラム国家でありながら政教分離が進んで異教徒でも観光しやすいトルコはイスラム教の雰囲気を身近に肌で感じることができる地となっています。

トプカプ宮殿はオスマン帝国皇帝達380年の居城!見逃せない観光ポイント!

名称 トプカプ宮殿(Topkapı Sarayı Müzesi)
住所 Cankurtaran, 34122 Fatih/İstanbul, Turkey
営業時間 9:00~16:45、チケット売り場は16:00まで(冬季:10月30日~4月15日)
9:00~18:45、チケット売り場は18:00まで(夏季:4月15日~10月30日)
定休日 火曜日
入場料 72TL
ハレム入場の追加料金:42TL
ハギアアイリーン教会入場の追加料金:36TL
オーディオガイド:20~30TL
公式サイト https://www.millisaraylar.gov.tr/en/palaces/topkapi-palace

イスラム教最大の聖地「メッカ」にはムスリム以外は立ち入ることができませんが、トプカプ宮殿ではメッカやカーバ神殿の歴史ある品々を直接目にすることができます。トプカプ宮殿はトルコに行った際には外せない観光スポットといえるでしょう。

イスタンブール
  • 人気ランキング【第1位】
  • 特別全額キャンセルサポートで安心
  • 4名から19名限定・バスは1人2席
  • ビジネスクラスも格安プランでご用意
トルコツアーキャンペーン!
燃油サーチャージ込み!全観光・全食事付
旅行代金 339,800円~
羽田発・イスタンブール海峡クルーズと世界遺産歴訪トルコ9日間
直行便トルコ航空指定!
 
  
 
10th year

メッカは世界中のムスリムの聖地

メッカ カーバ神殿 イスラム教

「メッカ」はイスラム教の発祥の地で、イスラム教の預言者ムハンマドの生誕の地でもあります。世界中どこにいてもメッカの方を向いて礼拝をし、ムスリムである以上生涯に一度は訪れなければならない場所で、イスラム教徒にとってまさに「聖地」なのです。

ムスリム以外はそう簡単にメッカに行くことはできませんが、トルコ旅行に行った際には、ぜひトプカプ宮殿などを訪れて、「聖地メッカ」の雰囲気やムスリムの生活を感じてみてください。

トルコの宗教事情まとめ!イスラム教徒の割合や食事・お酒などの生活面も解説

  • SHARE
  • ico_facebook
  • ico_twitter