トルコ料理・グルメ旅

シシカバブはトルコの串焼き料理!豊富なアレンジメニューをご紹介

更新日:2023.04.05

投稿日:2022.07.06

Views: 2297

シシケバブ シシカバブ トルコ料理

トルコ料理といえば、肉料理を思い浮かべる人は多いでしょう。特にドネルケバブやジャーケバブなど、大きな肉のかたまりを焼くお料理はとても有名です。

他にもシシカバブ(シシケバブ)と呼ばれる日本の焼き鳥にそっくりな串刺しのお料理が人気です。そこで今回は、シシカバブの魅力や作り方、レシピを紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

ケバブの一種シシカバブ(シシケバブ)はトルコの人気料理

シシカバブ シシケバブ トルコ料理

世界三大料理のひとつとされるトルコ料理。多種多様なメニューがありますが、シシカバブは最もポピュラーなレシピのひとつです。

シシカバブは、トルコ語ではシシケバブと呼ばれます。シシカバブという呼び名をよく耳にしますが、これはアラビア語での名称です。どちらも同じ串焼きのお料理を指しています。

ここからは、トルコで食べられるシシカバブ(シシケバブ)の人気の秘密をご紹介します。

イスタンブール
  • 人気ランキング【第1位】
  • 特別全額キャンセルサポートで安心
  • 4名から19名限定・バスは1人2席
  • ビジネスクラスも格安プランでご用意
トルコツアーキャンペーン!
燃油サーチャージ込み!全観光・全食事付
旅行代金 339,800円~
羽田発・イスタンブール海峡クルーズと世界遺産歴訪トルコ9日間
直行便トルコ航空指定!
 
  
 
10th year

トルコ料理のシシケバブとは?

シシケバブの「シシ」(Şiş)は「串」のこと、「ケバブ」(Kebab)は「肉や野菜などのロースト料理」のことです。日本の焼き鳥と同じように、串に刺した状態で焼いて調理します。

串に刺して食べるルーツはトルコ民族の歴史の中にあります。かつて遊牧民だったトルコ人たちにとって、屋外で調理器具を使わず肉を焼きやすかったのが串刺しの形だったためです。

また、串刺しにして肉を食べたのは、11世紀頃アナトリアに進攻していたトルコ軍の兵士たちがルーツとも言われます。軍隊は移動しながら糧を得る必要があったため、串刺しにして食べ歩ける形態が便利だったようです。

アナトリアが小アジアと呼ばれる理由とは?歴史・文明・遺跡を紹介

シシカバブと他のケバブ料理の違い

ケバブ トルコ料理

ケバブというと肉料理という印象がありますが、「ケバブ」とは「焼いて調理するお料理」のことで、野菜や魚のケバブもあります。主に中東とその周辺地域、またトルコ系民族の多い中央アジアでもケバブ料理はよく食べられています。

トルコ料理の中で、ケバブはとてもポピュラーな調理法で、調理法の違いによって様々なケバブ料理があります。

ケバブはトルコを代表する料理!種類やおすすめレシピも紹介

シシカバブはそのケバブ料理の一種。小さめにカットしたお肉や、野菜などをカットして串に刺した状態で、火で焼いた料理です。調理法のことなので、何の肉を使うか、野菜を入れるかなど、食材によっていろいろなバリエーションで調理できます。

他のケバブ料理としては、大きな串に縦にスライスした肉を重ねていくドネルケバブ、そのドネルケバブの元祖で串を横にして焼くジャーケバブ、栗を焼いたケスターネケバブなどがあります。

トルコの肉料理ドネルケバブとは?本場と日本の違いやおすすめレシピ

シシカバブに使われるお肉

トルコの人たちの多くはイスラム教徒のため、イスラム教で禁忌の豚肉は食べません。シシカバブで使われるお肉は、主に羊肉です。牛肉や鶏肉も使われますが、伝統的には羊肉がシシカバブに使われていました。

肉の代わりとして魚をシシカバブに使うこともあります。

イスラム教で豚が禁止されている理由とは?トルコではどんな肉料理を食べているの?

シシカバブの作り方

シシケバブ トルコ料理

伝統的なシシカバブは、以下のように作られます。

  1. 一口大に切った肉にスパイスを揉みこんで下味をつけます。通常使われるスパイスは、唐辛子(プルビベル)、パプリカ、クミン、黒コショウ、コリアンダー、シナモン、ナツメグ、タイムなどです。カレーにも使われるスパイスに加え、ヨーロッパでよく使われるタイムも利用するのが特徴。タイムは強い防腐・抗菌作用があり、肉料理に重宝します。家庭で作る場合には、市販のミックススパイスを使うと便利です。伝統的に使われる羊肉の場合は、臭みを消すため、ヨーグルト、オリーブオイル、玉ねぎ、スパイスと一緒に漬け込むのもいいでしょう。
  2. 下味をつけたお肉(魚)と野菜を串に刺します。焼き加減が異なるため、食材ごとに別の串に刺します。
  3. 火にかけてローストします。焼き加減によって、食感や風味が変わります。炭火でじっくりと焼きうまみを出すのが伝統的な焼き方です。
  4. シシカバブの串を抜いて、お皿に盛って出来上がり。シシカバブだということが分かりづらいですが、一般的には串を抜いてテーブルに並べることが多いです。

挽き肉で作るシシカバブ(家庭でできるアレンジ)

  1. ボウルに入れた挽き肉に、お好みで玉ねぎやパクチー、スパイス類、にんにく、ショウガ、塩・コショウを入れ、粘りが出るまでよく混ぜる。スパイスは、パプリカパウダー、クミンパウダーなどがおすすめです。エキゾチックな風味に仕上がります。
  2. 小さめのハンバーグ状になる量を手にとり、空気を抜きながら平たくする。
  3. 油を敷いて熱したフライパンに丸めたお肉を置き、フタをして両面焼く。フライパンで焼く代わりに、オーブンで焼いたり、串に刺して網で焼いても良いでしょう。

シシカバブの漬け込みソースレシピ(4人前)

牛肉または羊肉を漬け込むソース(マリネ液)のおすすめレシピを紹介します。家庭で作る場合、お肉に直接味を揉み込む方が簡単ですが、ソースに漬け込んで作るとより美味しく仕上がりますよ。

牛肉または羊肉(750g:4人前)に対しての分量

  • プレーンヨーグルト: 200カップ3/4
  • オリーブオイル: 大さじ3
  • ニンニク: 2かけ
  • 玉ねぎ: 1/4個
  • 塩: 小さじ1
  • 黒コショウ: 小さじ1
  • 赤唐辛子パウダー: 小さじ1
  • クミンパウダー: 小さじ1
  • トマトペースト: 小さじ2

ドネルケバブの肉の下味やケバブサンドのソースとしても、ヨーグルトは多用されます。ヨーグルトは肉の臭みを消すだけでなく、肉を柔らかくし旨味を引き出すため、家庭でシシカバブを作る際にはおすすめの材料です。

トルコヨーグルトは料理や美容健康におすすめ!歴史からレシピまで魅力を徹底紹介

ソースと肉を一緒に保存容器に入れ、24時間冷蔵庫で保存します。その後、冷蔵庫から出したお肉を竹串に刺してフライパンで焼いて出来上がり。もちろん、炭火でバーベキューをすれば、さらに本格的なシシカバブになります。

シシカバブの食べ方

シシケバブ シシカバブ トルコ料理

シシカバブはラヴァシュ(Lavas)という薄焼のパンと一緒に食べるのが伝統的です。肉や魚がメイン料理のフランス料理で、パンが添えられるのと同じイメージです。

お皿の上にラヴァシュを乗せ、その上に串刺しのシシカバブを乗せて提供される場合もあります。家庭でシシカバブを調理して食べる場合には、ラヴァシュの代わりにピタパンでも良いでしょう。

シシカバブはソースをかけない?

トルコでは基本的に、ケバブ料理にはソースはかけません。日本でもよく目にするケバブサンドにはソースがかけられますが、実はドイツ発祥の料理でトルコの食べ方とは異なります。

特にシシカバブはローストされる前に、しっかり漬け込んで味付けがされています。スパイスの風味と肉本来の味が生かされているので、そのまま食べても十分に美味しいです。漬け込むソースが大切な味付けになっています。

トルコで食べられるシシカバブのバリエーションメニュー

串焼き料理全般を指すシシカバブには、トルコ料理の中だけでも様々なバリエーションがあります。

実はトルコ国内では、串焼きのお料理を「シシケバブ(シシカバブ)」と呼ぶことはあまりなく、焼く食材の名称に「シシ」をつけて呼ぶのが一般的です。レストランのメニューなどでも、「○○・シシ」と記されています。また一般的に、お肉を焼いた串刺しは総じて「エト・シシ」と呼ばれます。

さまざまな食材の串刺し料理(シシカバブ)には、以下のようなアレンジレシピがあります。準備しやすい食材にトルコ風の味つけ・焼き方をすることで、家庭でも本格的なシシカバブが調理できますよ。

イスタンブール
  • 人気ランキング【第1位】
  • 特別全額キャンセルサポートで安心
  • 4名から19名限定・バスは1人2席
  • ビジネスクラスも格安プランでご用意
トルコツアーキャンペーン!
燃油サーチャージ込み!全観光・全食事付
旅行代金 339,800円~
羽田発・イスタンブール海峡クルーズと世界遺産歴訪トルコ9日間
直行便トルコ航空指定!
 
  
 
10th year

ダナ・シシ(Dana Şiş)

ダナ・シシ シシケバブ シシカバブ

牛肉(ダナ)の串焼きが、ダナ・シシです。伝統的な羊肉の代わりに牛肉を使ったシシカバブで、「エト(肉)・シシ」と呼ばれることも。

羊肉のような臭みがなく食べやすいのが特徴です。牛肉でも同じように、スパイスやオリーブオイルに浸け、下味をつけたあとに調理します。

ジーエル・シシ(Ciger Şiş)

ジーエル・シシ シシケバブ シシカバブ

レバー(ジーエル)の串焼きが、ジーエル・シシです。通常はラム(子羊)のレバーが使われます。

他のシシカバブと大きく異なるのは、下味につかうハーブの種類。タイムと塩だけで下味をつけます。串に刺す際は、尾脂を肉の間に刺します。尾脂が染み渡りレバーの味が引き立ちます。

タヴック・シシ(Tavuk Şiş)

タヴック・シシ シシケバブ シシカバブ

チキン(タヴック)の串焼きが、タヴック・シシです。チキンのムネ肉が使われることが多いです。下味には、ヨーグルト、オリーブオイル、サルチャ(トマトペースト)、タイムやクミン等のスパイスが使われます。

脂肪分の少ないチキンのムネ肉ですが、タヴック・シシはお肉がやわらかく、ジューシーなのが特徴。トルコ料理ではお肉といえば羊肉が有名ですが、チキンも味が良いと人気です。

カナット・シシ(Kanat Şiş)

カナット・シシ シシケバブ シシカバブ

鶏の手羽先(カナット)の串焼きが、カナット・シシです。香ばしさや食感に優れた手羽先は、ビールのおつまみにぴったりです。炭火で焼くとなおさら香ばしさが引き立ちます。

下味には、ヨーグルト、オリーブオイル、サルチャと呼ばれるトマトペースト、チリペッパーやコショウなどのスパイスが用いられます。

バルック・シシ(Balik Şiş)

バルック・シシ シシケバブ シシカバブ

魚(バルック)の串焼きが、バルック・シシです。シシカバブに魚はめずらしいと思いがちですが、野菜と交互に刺した魚の串焼きはとても人気です。シンプルな塩コショウだけの下味付けに、レモンを絞って食べるのがポピュラー。さっぱりした味なので、お肉のシシカバブが重たくなってきたら、ぜひトライしてみたいメニューです。

魚は、サーモン、メカジキ、スズキ、カレイなど、大き目の魚の切り身を使うことが多いです。とても食べ応えがありますよ。

チョップ・シシ(Çöp Şiş)

チョップシシ

チョップ・シシは、他のシシケバブで使う串よりも細く短い串に刺して焼いたものです。串は葦の幹から作られた、15~20cmほどの長さのものを使います。

1cm角に切ったお肉を、尾脂を少々挟みながら刺します。日本の焼き鳥に、見た目がそっくりです。

お肉は通常、子牛の肉ですが、ラム(子羊)が使われることも。ラヴァシュ(薄く焼いたパン)の上にチョップ・シシ、オニオンスライスやトマトなどの野菜を乗せ、ラヴァシュを巻いて串を抜き取って食べます。

串が短く細いので、テイクアウトして食べるのも楽です。実はかつてオスマン帝国時代では、最も一般的なストリートフードがチョップ・シンでした。エーゲ海地方イズミルからアイドゥンにかけた地域の名物料理です。

イズミル(イズミール)はエーゲ海の真珠!観光スポットやグルメなど徹底解説!

シシ・キョフテ(Şiş Köfte)

シシケバブ シシカバブ シシ・キョフテ

キョフテと呼ばれるトルコ風ミートボールの串焼きが、シシ・キョフテです。ミートボールは、牛肉のミンチにスパイスと西洋パセリのみじん切りを混ぜて加えたもの。団子状にして串焼きにします。串焼きにすることでスパイスの旨味と溶け出た肉汁の味わいが楽しめますよ。

キョフテはスパイスが癖になるトルコ風ハンバーグ!レシピやおすすめのお店を紹介

シシカバブが美味しいおすすめレストラン

シシカバブ シシケバブ トルコ料理

ここからは、シシカバブが美味しいおすすめのレストランをご紹介します。

本場トルコのシシカバブが美味しいイスタンブールのおすすめレストラン

本場トルコ、イスタンブールの旧市街と新市街で、シシカバブが人気のレストランをご紹介します。

Develi (デヴェリ)

1912年創業の老舗ケバブレストランの「Develi」は、イスタンブールで知らない人はいないというくらい有名です。メニューが豊富なのも、人気のひとつです。

支店も多くイスタンブールの新市街ニシャンタシュやエティレルなど、11の地域に店舗がありますが、オススメは旧市街サマティヤにある本店。マルマラ海を望む席もあり、ゆったりした旧市街の雰囲気を味わいながら食事が楽しめます。

公式サイト https://www.develi1912.com/
電話 +90 (212) 529 08 33
住所 Koca Mustafa Paşa, Gümüşyüzük Sok.No:5/A Samatya, Fatih

Buhara Ocakbasi (ブハラ・オジャックバシュ)

こちらも旧市街にあるケバブレストラン。旧市街アヤソフィアとグランドバザールの中間付近、アヤソフィアから徒歩5分程度の場所にあり、観光の際にも立ち寄りやすい立地です。

トリップアドバイザーで上位にランクインするほど観光客にも人気ですが、地元トルコ人も多く集い、ローカルなケバブが味わえます。

ケバブと一緒に提供される薄いパン(エキメッキ )も、とても美味しいです。壺で焼かれ風船のように膨らんだ中が空洞のエキメッキでケバブを挟んで食べるのがトルコ流ですよ。

電話 +90 (0212) 513 74 24
住所 Alemdar, Ç. Nuruosmaniye Cd. No:7, 34120 Fatih

Bilice Kebap (ビリジェ・ケバ)

「Bilice Kebap」は新市街イスティラック通の近く、タクシム広場の反対のガラタ近くにあるローカルなケバブレストランです。

庶民的な小さめのレストランですが、地元の人々に愛され、お料理の味には定評があります。ケバブの美味しさも人気ですが、豊富な付け合わせも魅力です。ケバブと一緒に、大きなお皿に野菜などのヘルシーな付け合わせがたくさん提供され食べ応えも十分です。

アルコールは提供されていないので、純粋にケバブを食べる目的で行くと良いでしょう。

Facebookページ https://www.facebook.com/pages/Bilice-Kebap/149334705208336
電話 +90 (0532) 172 12 07
住所 Asmalı Mescit, Asmalı Mescit Cd. No:8, 34430 Beyoğlu/İstanbul

日本にもある!おすすめシシケバブのレストラン

日本でも本格的なトルコ料理レストランが増えてきています。トルコ料理店なら必ずメニューにあるケバブ料理ですが、中でもオススメのレストランをご紹介します。

イスタンブール
  • 人気ランキング【第1位】
  • 特別全額キャンセルサポートで安心
  • 4名から19名限定・バスは1人2席
  • ビジネスクラスも格安プランでご用意
トルコツアーキャンペーン!
燃油サーチャージ込み!全観光・全食事付
旅行代金 339,800円~
羽田発・イスタンブール海峡クルーズと世界遺産歴訪トルコ9日間
直行便トルコ航空指定!
 
  
 
10th year

トプカプ 丸の内店(東京・千代田区)

1993年にオープンしたトプカプは、南トルコの家庭料理レストランです。南トルコの家庭料理が忠実に再現され、丸の内にあるトルコ料理店として着実に人気を得てきました。

トルコで食べられる子羊の肉のシシカバブはもちろん、鶏肉のシシケバブも提供しています。ケバブ以外にもコース料理、アラカルト、3種盛り合わせのケバブ、ランチメニューなど、豊富なメニューから選べます。飾らないトルコの味をじっくりと味わえますよ。ネットで空席確認・予約ができるのも便利です。

公式サイト https://p734000.gorp.jp/
電話 050-5485-2786
住所 東京都千代田区丸の内3-1-1 国際ビルB1

サライ(SARAY) 銀座店(東京・中央区)

サライは銀座〜東銀座にある、おしゃれなトルコ料理店です。インテリアはもちろん、絵画やカップなどまで本場トルコの雰囲気がいっぱいです。

シシケバブは大振りのラム肉が使われ、スパイスも効いて食べ応えたっぷり。ラム肉以外にもチキンの串焼き「タヴック・シシ」もあり、お肉の好みでメニューを選べます。

日本人の舌にも合うトルコ料理でありつつ、本場トルコの現地の味も味わえる豊富なバリエーションが魅力です。お料理以外にも、トルコの民族舞踊ベリーダンスのショーも楽しめるレストランです。

公式サイト https://saray-ginza.com/
電話 03-5537-6097
住所 東京都中央区銀座5-10-6 第一銀座ビルB1

トルコで伝統料理のシシカバブを楽しんでみて

シシケバブ シシカバブ トルコ料理

トルコの串焼き料理シシカバブは、家庭でも気軽に楽しめるお料理です。味付け、スパイスなどお好みで工夫し、家庭の味を出すのもいいですね。お肉以外に野菜や魚も付け合わせたり、一緒に串焼きにしたり、ヘルシーなお料理にもなります。

  • SHARE
  • ico_facebook
  • ico_twitter